俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初夢に掛けてみるけど夢の夢

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一昨年、初夢ではないけれど、富士山と白蛇の夢を立て続けに見ました。宝くじに当たったらまず家を建てて、残りは父母と後は兄弟姉妹で二千万円づつ、と姉と取り分を、考えて、テレビで宝くじの当選番組を息を荒げて見ていましたが、どこにも引っ掛からなかった。母に三枚で当てようなんて馬鹿じゃないみたいに云われた。娘には、夢は人に話さず宝くじを買わなきゃ当たらないよ、との事、今年は頑張るぞ!😅

最新の添削

その他の添削依頼

品書のやけに濃墨初鰹

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

太陽のなほ剥き出しの残暑かな

作者名 卓鐘 回答数 : 21

投稿日時:

聞こえてる夏の音色は蟬の音

作者名 ナーデルガルドラ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初夢に掛けてみるけど夢の夢』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ