俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

取るほどに種を飛ばすや種漬花

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日は庭の草取りをしました。
「種漬草」は少し触れただけで、鞘の中の種を弾き飛ばす草です。わが家では雑草として刈り取るのですが、触ると周りに種を飛ばすので取るたびにまた増えていきます。
種漬草の生きるための知恵はすごい😆

最新の添削

「取るほどに種を飛ばすや種漬花」の批評

回答者 佐渡

春野ぷりんさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
イサクさんから季語の説明と出ていますので、取り合わせを考えてみました。
・ばらばらに離れる家族種漬花
震災後こんな家族が多いのかも?
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「取るほどに種を飛ばすや種漬花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

観察というかご自身の体験の句ですね。
この句は記録としてこの形で収めていただいていいと思います。

私は「種漬花」の生態をよく知りませんが、この句は「種漬花」という季語を説明しているような気がしてしまいました。
季語を説明する句、というのは、調べればわかることをそのまま俳句にしているような感じが出がちで、「一物の句」の難しさはそこにあるのです。

「説明」ではなく「描写・映像」にしたり、他の要素を取り合わせて詩を出したり、あとひと息の工夫が欲しいように思いました。
御句では「飛ばす」が説明っぽいですかね?

・種漬花触れれば種のはぢけ来る

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の山剥かれて匂ふ杉丸太

作者名 とまと 回答数 : 2

投稿日時:

入園バスまるでおしんの最上川

作者名 小西晴菜 回答数 : 1

投稿日時:

感染力強きマスクの蔓延す

作者名 いなだはまち 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『取るほどに種を飛ばすや種漬花』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ