俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

獺祭やレジのソーシャルディスタンス

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大胆な作りにチャレンジしました。5.3.9です。
春時期だと入学、進学、就職、転勤の準備やお祝い品の為にスーパーやデパートで買い物をし、レジの列の客がぎゅうぎゅう詰めになったりします。
しかし、昨今のコロナ禍でソーシャルディスタンスが生まれて、間隔を空けて並んですので、その間隔を空けてる感じが、季語[獺祭]または[獺の祭り]の様に見えたので句にしました。
あと、
[獺祭や客のソーシャルディスタンス]とも考えましたが、客という言葉だと説明的に感じましたのでコメントへの記載にしました。
釈迦に説法かもしれませんが、獺祭とは、カワウソが捕まえた魚を、川岸で御供物みたいに並べる様子の春の季語です。
もう一つですが、上五の季語で学問的または雅的に、中七下五の12音で日常的または今時の風俗的と、対極の映像を組み込んでみました。

最新の添削

「獺祭やレジのソーシャルディスタンス」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
ご無沙汰しています、カイさん。

御句。獺魚を祭る。七十二候の一つで時候の季語ですよね。それでいて、獺が魚を並べる習性という光景の連想も少しあるという季語なので、難しいですよねー。
比喩的にとらえると季語が、、難しいなあと思いつつ、上五「や」で切って、完全なる取り合わせとするなら、これはありの句かなと思いました。
ただ、雨水のころの春になっていく気候と年中ソシャルのレジによる響きまでは感じ取るのが難しかったです。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「獺祭やレジのソーシャルディスタンス」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

カイさんお疲れ様です。
大胆な形の句とはいえ、きちんと季語五音+季語と関連しない十二音のオーソドックスは守っており、テンポに問題はありません。「ソーシャルディスタンス」という現代の言葉を積極的に使うのもたーとるは好きです。
しかし、少しフレーズが離れすぎているでしょうか?獺祭「や」と切れるといきなり獺祭が浮かんでしまい、その後のレジが急に出てきて、うーん?となります。ここは明確に比喩と分かりやすくするべきでしょうか。

・獺祭のごとくソーシャルディスタンス
・獺祭のごとしレジ待つ行列は
とはいえ、これも季語の使い方がいまいちですね……難しい。

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二冊置く薬手帳やえごの花

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

いろいろな手相を炙る焚火かな

作者名 らりこ 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

満天の星を分けたる天の川

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『獺祭やレジのソーシャルディスタンス』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ