俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桜の枝をちょっと拝借と伸ばした手の甲に年を重ねる

作者 松田くみこ  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

はじめて投稿するにあたって、先のメールアドレスをまちがえました。
桜の枝がほしいのと、50を過ぎた女性の手の甲に、いやしさとはかなさを重ねることができないかと、よみました。

最新の添削

「桜の枝をちょっと拝借と伸ばした手の甲に年を重ねる」の批評

回答者 こま爺

はじめまして。

花軍(はないくさ)という素晴らしい季語があります。これを使い、あえて五七五に収めてみます。
” 花軍重ぬる齢(よわい)の手の甲

花軍とは。
二組に別れ、花をつけた桜の枝をもって打ち合うことをいう。玄宗と楊貴妃が、二組に分かれて花で打ち合ったという唐の故事が由来とされる。

まずはご参考迄に。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「桜の枝をちょっと拝借と伸ばした手の甲に年を重ねる」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
ここは俳句添削なので、短歌の添削はした事がないのですが、こんな感じではないでしょうか?

拝借と桜の枝に伸ばした手隠す事なき重ねた歳かな
拝借と桜の枝に伸ばしし手隠すべからぬ重ねし歳かな
字余り。

点数: 0

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋時雨夢のをんなは肌熱し

作者名 ダック 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴や洗濯物に鳥の糞

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

お祭りで小石を平す浴衣かな

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桜の枝をちょっと拝借と伸ばした手の甲に年を重ねる』 作者: 松田くみこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ