俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

電線に音符のような春の月

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

電線の向こうに月が見えました。
ちょうど電線に重なって音符のようでした。
(音符の「ミ」に見えたのですが
さすがに17音ではそこまで表現できず)
「月が音符のように見えたよ。」としました。
【電線に音符のような】と言われて読み手に映像が伝わるかどうか…ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「電線に音符のような春の月」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

春野ぷりんさん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
綺麗なお月さまでしょうね。
提案句です。
・五線紙のミの符のごとし春の月
これでどうかな?

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「電線に音符のような春の月」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

春野ぷりんさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
かこさんの添削が参考になりました。
・電線のミの音聞こえ春の月
聞こえとして良いかな?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「電線に音符のような春の月」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

電線があまり風情のある物てないので、発想を逆転させてはいかがですか。つまり月がではなく電線が五線紙になるとする。
” 電線の五線紙如く春の月

今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

除夜の鐘先祖の遺影眺めをり

作者名 ドキ子 回答数 : 1

投稿日時:

産院に漏るる歌声雪だるま

作者名 たけたけ 回答数 : 1

投稿日時:

冬の夜の才能無しの響きかな

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『電線に音符のような春の月』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ