俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

巣立つ子も来る子も踏むやグラウンド

作者 式桜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

これも入学がテーマです。

最新の添削

「巣立つ子も来る子も踏むやグラウンド」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「入学」が「テーマ」ですが、季語がないですね。

「巣立ち」という季語は比喩ではなく、元の意味の通り、雛鳥が成長して巣を離れることを意味する春の季語です。
人間に「巣立つ子」という比喩の形で使った場合、季語にはなりません。人間の場合、必ずしも卒業=巣立ちではないからです。
大学を自主退学して己の道へ進んだり、結婚して親元を離れるのも「巣立ち」という比喩は可能でしょう。

俳句は一般的にはその時の風景を切り取る(心情句も、その時の心情を切り取る)ので、この句は季語なしですし、私には「きれいな川柳」という印象でした。

式桜様の句について、これまでの句も拝見していますが、詩を作りたいという意志はありそうですが、それが本当に俳句である必要があるのかどうか、難しいところだと思います。
短歌、川柳、それとも韻律に捕らわれない自由な詩、選択肢はいろいろあります。

その上で俳句を選ぶのであれば、俳句である利点を生かした方が良いと、私は思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「巣立つ子も来る子も踏むやグラウンド」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

おはよございます。

俳句は一般的にはある瞬間を切り取るので、卒業式(3月)入学式(4月)を同時に詠むのはとても難しいです。題材としては短歌で詠むほうが向いていると思います。

点数: 0

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

探梅やつり橋渡り登り坂

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

待受を茅舎に替えて大晦日

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

主なき庵護が如き花八手

作者名 村山陽子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『巣立つ子も来る子も踏むやグラウンド』 作者: 式桜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ