俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春驟雨街ごと駆ける濡れねずみ

作者 文室七星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

突然の強い雨の中、傘も無くカバンを頭に駆け出している人が何人も見ました。
中七に「街を洗ふや」を使おうとしましたが、先人の句に似たような表現を見た記憶があり、止めました。
傘の無い人が駆け出しているのを、逆さに街ごと全部が駆けていると表現しました。
街も人もずぶ濡れになっているのを「濡れねずみ」と表現しましたが、ここが座りがいまひとつな感じです。何かより良い表現があればと思っています。

最新の添削

「春驟雨街ごと駆ける濡れねずみ」の批評

回答者 こま爺

今日は。
街ごと駆けるが、街その物が駆けると無理のある比喩のようにも解釈してしまいそうです。
街駆けるのは濡れ鼠になった人間であると理解してもらえるよう、中七以降は「人皆駆ける濡れ鼠」で良いと思います。街は言わずもがなですね。

よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春驟雨街ごと駆ける濡れねずみ」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはよう御座います、
中七下五いいと思います。
ただ、濡れが入っているので雨の入っていない季語を探した方がいいと思います。

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

帰省子に肩を叩きてくぐりけり

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

掛け初めの眼鏡と灯火親しめり

作者名 季詠 回答数 : 3

投稿日時:

大地の血吸うて椿は落ちてなお

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春驟雨街ごと駆ける濡れねずみ』 作者: 文室七星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ