俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もの言ふて言ひそこねたり春おぼろ

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私ごとで少なからず皆さんにご迷惑をおかけしているようですね。申し訳けありません。

イサクさんご指摘の”皮肉”の二文字、そこだけ申し上げれば良かったですね。
何せ新参ものには「何考えてるん」「言いたいことはわかるけど」的な皮肉は結構なプレッシャーになるというその一点です。私だけかもしれませんが。

お騒がせし申し訳りません。

最新の添削

「もの言ふて言ひそこねたり春おぼろ」の批評

回答者 森本可南

こま爺様。おはようございます。
御句が、猫の恋の添削ですか?
なんか、よく、わからないです。猫の恋ってリアルで猫の恋を詠むことでは、ないんですね。
猫の恋て、季語じゃないのかな?春おぼろに変わってるし。
ごめんなさいm(_ _;)m
やはり、わかりません。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もの言ふて言ひそこねたり春おぼろ」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃
遅ランチの句へコメントありがとうございました。ペンネゴルゴンゾーラが少し辛かったです。シェフが気前よく黒胡椒が効き過ぎでした。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「もの言ふて言ひそこねたり春おぼろ」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
「朝寝」の句の添削、ありがとうございます。「木魚の音」は大失敗でした。
切れ字の「や」もいかんです。道場に投句する一瞬前に「や」を入れてしまいました。嗚呼、情けなや。

あなた様の句。
「春おぼろ」という季語があるのですか。
 まさか、たっぷりと言い損ねるために、わざわざ「春」+「おぼろ」=「春おぼろ」とされてませんよね。

 もしかして、こま爺様は岩崎宏美のファンではありませんか? 
 先ほど、You Tubeで「春おぼろ」を聴いてみました。良い曲です。

宜しくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

節分や豆はドローンでミサイルで

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

白く降る雪で雪いだ我の罪

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

窯の火のいよよ盛んに鳫渡る

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もの言ふて言ひそこねたり春おぼろ』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ