俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

愛猫の爪の尖りや地虫出づ

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春になって小さな虫が壁を這う季節になりました。猫たちの尖った爪がその時を待っているかのようです。
普段、可愛らしい猫達も獲物を見つけた時は野生を見せることから「愛猫」としました。

最新の添削

「愛猫の爪の尖りや地虫出づ」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

季語を理屈で使っているので、「地虫出づ」という季節よりも「猫が虫を追うこと」を説明するために季語「地虫出づ」を使っている、という句になってしまっているようです。
完全に猫が主役で、虫が「地虫」でなくてもいいですし、ぶっちゃけ春じゃなくてもいいような?

補足:この季語は啓蟄の頃の「冬眠していた虫が地面から出てくる」ことを主に現すので、屋外の地面が見えている風景の方が似合う季語です。

さてどうしましょうか。季語「地虫出づ」を使うなら春の季節感を持たせたいですし、猫を描写したいのなら猫を描写して、季語を変えた方が・・と思いました。

・啓蟄や猫みな爪を研ぎはじめ
・猫はみな虫を追うもの目借時

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

無言なるかぐや姫の目秋の月

作者名 白南風と黒南風 回答数 : 0

投稿日時:

虎落笛ルンバぶつかる音もした

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

閑なる曙光の街も春隣

作者名 あらちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『愛猫の爪の尖りや地虫出づ』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ