俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

柿のごまをいとう膝の上の孫

作者 二色鯉  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何となく何かを詠みたい気分になって、柿でどうだろうと思い詠んだ次第です。
初心者も初心者の私が定型を崩すなどという生意気を御容赦いただけると幸いです。
私はこの句において、孫です(ひ孫でもありました)。小さい頃は、黒くごまのさした柿を嫌って食べませんでした。それをおじいちゃんやおばあちゃんが食べてくれる。こんなに美味しいものを残すなんてと、不思議がっていたかもしれない、喜んでいたかもしれないな。
そんな思いを詠もうとしても、五・七・五はどうしても収まりませんでした(言うまでもなく私の技量不足です)。

最新の添削

「柿のごまをいとう膝の上の孫」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。はじめまして、よろしくお願いいたします。ぜひ、俳句の世界にハマってください。臆することなく投句してくださいね。批評は、読者の勝手な感想ぐらいに思って、どんどん詠まれることをオススメします。悔しさも嬉しさもあり俳句かな。
本句ですが、「いとう」の意味がよく分かりませんでした。「忌む」か「愛しい」か
、不勉強でしたらすみません😢。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

双子ちゃんピンクと青のランドセル

作者名 広夢 回答数 : 1

投稿日時:

ドロップのとけてひっつき原爆忌

作者名 豆柴 回答数 : 5

投稿日時:

秋燕馬篭の宿の軒かすめ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『柿のごまをいとう膝の上の孫』 作者: 二色鯉
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ