俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春暁や年金暮らし始まるる

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日は旦那さんの初めての年金支給日、「第二の人生、これから夫婦で楽しんでいこうね」という気持ち。
始まるるの「るる」で始まるんだなーという嬉しい気持ちが表せるかな。「始まる」だと四文字なのでどんな表現がいいのかという不安。
よろしくお願いします😊

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春暁や年金暮らし始まるる」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
御句。とりあえずは、【始まるる】について
あまり無理せずに、【始まりぬ】ぐらいにしておいたら、どうでしょうか。
始まる、は、元のかたち、つまり、終止形。
で、始まり、は連用形。
で、ぬ、は古典文法では、完了を表します。つまり、〜した、と言うよう感じ。
そして、ぬ、は
な、に、ぬ、ぬ、ね、ね
と【活用】します。
そして、【活用】する語ですので、
前記の連用形、つまり、活【用】する語に【連ねる】【形】の、始まり、に素直に、つなげましょう。
そして、始まりぬ、となります。そして、意味は、始まった、ぐらいの意味になります。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「春暁や年金暮らし始まるる」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

渡邊久美さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
初年金ですか。感慨深い物がおありと思います。
御句
始まるるは文法的にあっているどうか?少し違和感を感じます。
提案句です。
・早春の年金暮らし始まりぬ
早春の季語は暦の上では春だが、寒さの厳しい時でもある、しかし、降り注ぐ光のきらめきなどどこかに春の気配を感じ、期待感を持てるとあります。
初めて年金をもらうにふさわしいと思って選びました。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

右向くや国粋主義の桜かな

作者名 三角すい 回答数 : 2

投稿日時:

太陽のなほ剥き出しの残暑かな

作者名 卓鐘 回答数 : 21

投稿日時:

宮掃除のポカリスエット秋暑し

作者名 柴崎恵子 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春暁や年金暮らし始まるる』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ