俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬薔薇小庭に散りて舞きえて

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

薔薇の花が散った
風に飛ばされてどっかいった

最新の添削

「冬薔薇小庭に散りて舞きえて」の批評

回答者 めでかや

可南さん、こんにちは。いつも世話になっております。
わたしは自分の句が浮かばない時は人のところでお勉強!。
『舞きえて』が分かりません、『舞ひ消えて』舞って消えたの解釈で宜しいのでしょうか?。何れにしても散ってから舞って動詞が二つ以上入ると経過を詠んだ句になってしまい映像がボケると思います。私はビデオ映像でなく写真画像の様な俳句を目指しております(出来てはいませんが(笑))。宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

デジタルや押し流さるる春の鴨

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

紫陽花や老女思はぬその青き日

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

二時過ぎし時刻吾の筆と雪の声

作者名 ふぁあ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬薔薇小庭に散りて舞きえて』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ