俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薫風や社の土俵塩を盛る

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「風薫る」第二弾です。「や」で切りたくて薫風としてみました。

最新の添削

「薫風や社の土俵塩を盛る」の批評

回答者 素一

PCの前で急にザックと言う言葉度忘れしてリュックにしました。
言われてみればそうですね。山歩き前かそれとも終わった後か分かりづらいくになりました。取り出して干すと言う事で今からの事を指してみたのですが…。
添削句ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「薫風や社の土俵塩を盛る」の批評

回答者 素一

こんにちは!
遅くなって申し訳ありません。僕の質問にご丁寧なご返事ありがとうございます。
心から感謝申し上げます。何となくモヤモヤが消えて努力しようと言う気持ちになりました。鳥越暁様の優しさが十分に伝わって来ました。
土俵のある土地柄なんですね。土俵塩を撒くと言う事は相撲大会があるんでしょか?
それも杜の中。すがすがしさが伝わって季語風薫るが生きて生き生きと伝わります。
勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風邪癒えしけふより酒を嗜めり

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨の蝶少し重たき風に乗り

作者名 宮武桜子 回答数 : 6

投稿日時:

雨上がる木の芽にひかり連なりぬ

作者名 よし造 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薫風や社の土俵塩を盛る』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ