俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

掻き曇る空撫でてみる猫じゃらし

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まさに今日の夕方の空は「掻き曇る」様子でした。
子どもがくれた猫じゃらしで、思わず空を撫でました。
でも、上五は「夕焼けの」とかもっとほのぼのした言葉の方が合いますかね…?
そもそも「撫でてみる」って書き方も文章っぽいでしょうか。
詠みたい場面はあっても、技術が追い付きません…。

最新の添削

「掻き曇る空撫でてみる猫じゃらし」の批評

回答者 仁和田 永

ご感想いただき、ありがとうございました。自分では「偲ぶ」の部分がなんとかならんものかと思っていますので妙案があれば教えてください。
猫じゃらしの句、とても素敵だと思います。上五は「掻き曇る」で良いのではないでしょうか。私はそこで、もやもやした気分が描かれていると感じ、それを猫じゃらしで払うというように受け止めました。
「夕焼けの」ではビジュアルとしては良いものの、その気分は出せないように思います。
尚、報告ですが、NHK俳句テキスト10月号の「秋簾」の回に私の句が佳作として掲載されました。
先々週はテレビのNHK俳句「蜻蛉」の回にて入選作が放送され、その前はNHK俳句テキスト8月号「夏料理」の回にも佳作月掲載されました。
それぞれ
飴色の陽射し畳へ秋簾
子らの網かわす蜻蛉の翅光り
色取りを取り分けており夏料理
というものです。
2月から俳句をはじめ、今年中にNHK俳句で放送されたいと思っていたのですが、毎週5000から7000句が投稿されているそうなので実現するとは思いませんでした。
あなたのセンスであれば入選できると思います。NHK俳句で検索すれば投稿の仕方がわかると思います。ぜひ投稿してみてください。もし、すでに入選等されていましたら、失礼しました。

点数: 0

添削のお礼として、仁和田 永さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「掻き曇る空撫でてみる猫じゃらし」の批評

回答者 塩豆

こんばんはです!
良いですね!私では直すべきと頃は一つもないと思いました。

他の俳句も併せてそう思うのですが、良いシーンを詠まれています。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

上凸の二次関数や割れる滝

作者名 虚俊 回答数 : 1

投稿日時:

木の芽吹くチャンスは全部与えよう

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

白息の混じるたばこの煙かな

作者名 つちや郷里 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『掻き曇る空撫でてみる猫じゃらし』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ