俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手にはとれぬ遠くの色や冬桜

作者 エイジちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

となり町の冬にも花をつける桜を詠みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手にはとれぬ遠くの色や冬桜」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「手にはとれぬ」で絵か写真か映像の冬桜と思い、「遠くの色」の意味がわからぬままでコメントを見ました。

隣町で「手にはとれぬ」は大げさかなあ?と思います。
「遠くの色」は遠くから見ているという意味だけでしょうか?とするとこちらは、冬桜の説明を遠回しに言い過ぎているかなあ、と思います。

「遠くの冬桜」「遠くに冬桜」九音でこの句の映像がだいたい出るので、あと八音をもっと別の表現に使えそうです。

とはいえ季語「冬桜」を遠景で読み込むのは難しいです。冬桜を遠景で読み込む必要は?というのを句に出すのが難しい。
「冬木立」「冬の森」「冬の山」などなら遠景の要素がありますが・・
自分が遠くにいることを説明しようとすると、句の主役が「冬桜」ではなく自分に寄ってしまいます。「手にはとれぬ」とかですね。
そして「遠くの色」などと曖昧な季語の説明を入れたくなるのだと思います。

・隣町より冬桜咲き始む

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「手にはとれぬ遠くの色や冬桜」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆
なんとなくイメージはわかります。今にも消えそうな薄い色。存在感が希薄ですよね。
手には取れぬが少し説明的なのと手に取れぬと遠いが意味的に重なるかなぁという感じです。
手にはとれぬは届かないに置き換えてもいいような…

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「手にはとれぬ遠くの色や冬桜」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

おっしゃる通り彷徨うはだめでした。意図とは反対の暗いイメージになってしまいました。
溌剌と動きがあって、それでもっと綺麗な言葉が欲しいんですでが。

ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「手にはとれぬ遠くの色や冬桜」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

エイジさん。よろしくお願い致します。

隣まちの桜なんですね。
私は、遠くのあっちの山に見える桜と思いました。
で、これは、女性への思いでは、ないかと深読みしてしまいました。
深読みは、さておいて、御句、
皆さんには、伝わりにくいかと思います。

冬桜薄桃香る隣町

では、どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

田舎ほど深きは何ぞ五月闇

作者名 めでかや 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

年輪の手作りパイプ冬に入る

作者名 森田 広務 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

純喫茶今年限りや燕の子

作者名 小西晴菜 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手にはとれぬ遠くの色や冬桜』 作者: エイジちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ