俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

軽やかに駆けるや落葉晴れた路

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋の晴れた日の道端で、風に舞う落葉の様子をそのままあらわして見ようかと試みました。

最新の添削

「軽やかに駆けるや落葉晴れた路」の批評

回答者 森本可南

こんばんは。ささゆみさん。軽やかに駆けるで、本人が駆けているのね。落ち葉の舞い散る道。そういう絵が浮かびました。きっと、若い人ね。いいね。いくつなんだろ?とコメントみたら、軽やかなのは、落ち葉でした。

秋風に舞いあがる枯れ葉坂の道

なんか、ありきたりですね。
すみません。
しかも中八。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「軽やかに駆けるや落葉晴れた路」の批評

回答者 04422

ささゆみさんはじめまして。始めて二か月のド素人です。よろしくお願いします。あいにくの雨の一日となりました。百姓仕事はお休みです。心地良い句ですね。

点数: 3

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

秋晴や木の葉の駆け抜くる街路

回答者 腹井壮

ささゆみさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。今回はコメントにありました「秋晴」を季語添削してみました。したがって季重なりを避ける為「落葉」を「木の葉」に差し替えました。また、17音にまとめるため「軽やかに駆ける」は「駆け抜くる」に表現を変え5・9・3音の破調になっています。「駆け抜くる」は「駆け回る」でもよいかと思いますがなるべく原句のイメージを生かしました。参考になれば幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「軽やかに駆けるや落葉晴れた路」の批評

回答者 仁和田 永

私も最小限は「駆ける落葉や」の方が良いかと思ったのですが、その安定的な構成よりも「駆けるや落葉」の方が躍動感がありより良いのではないかと思います。

点数: 2

添削のお礼として、仁和田 永さんの俳句の感想を書いてください >>

「軽やかに駆けるや落葉晴れた路」の批評

回答者 塩豆

どうもです!
これはこれで良いと思うのですが、コメントにあった通りの光景ではないかもしれません。コメントでは風に落葉が舞う様子とおっしゃっていましたがこの俳句では「軽やかに駆ける」の主語は「私」になってしまいます。主語を「落葉」にするには

軽やかに駆ける落葉や晴れた路

とすると良いです。分かっててそうしていなかったのならすみません。
また、「舞う」という動詞を避けたのは正解と思います。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

京にこそ在れば時雨るる今日一日

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

原爆忌ちいちゃんのかげおくり読む

作者名 いくたドロップ 回答数 : 3

投稿日時:

唐突に轟く花火東北忌

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『軽やかに駆けるや落葉晴れた路』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ