俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

新幹線徐行近江は雪の国

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

本日の新幹線俳句。因果しかない。

途中までは
右肩に雪野の冷気なな(以下自粛)
とか考えてました

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

イサクさん、いつもご指導いただき有難うございます。
こちらにもにコメント入れないと意味ありませんでしたね、ごめんなさい。
投稿句は、お礼と報告だけのつもりだったのに・・・。投稿してから凡ミスに気が付くようではまだまだですね。
話は変わりますが、春が楽しみです!。動物や植物が動き出す季節、これからが俳諧シーズンの始まりですよね、私にとって冬はただの春待つ季節、動いているのは人ばかり・・・苦手ジャンルだったかも。
今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 秋雄

句の評価:
★★★★★

「寒そうと立ち往生をテレビなり」の秋雄です。
いつもありがとうございます。
皆さんに添削していただいて気づくことばかりです。
「雪しまく」を覚えました。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、秋雄さんの俳句の感想を書いてください >>

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 水谷

句の評価:
★★★★★

イサクさん、おはようございます。いつも丁寧な添削ありがとうございます。雪やこんこんあられやこんこん の歌の題名を調べたら [雪]だったので使いました。
また これからも宜しくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、水谷さんの俳句の感想を書いてください >>

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

山茶花の添削ありがとうございます。
山茶花はこれまた脱字をやってしまいました。
「純白の花が咲く」はちょっとだけ降った雪が山茶花の花びらと並んで白い花びらに見えたという情景でした。
季語ついての知識不足が問題であることを自覚しました。
ありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは😄
ファーストペンギンにコメントありがとう御座います。
丁寧で感動しました。
個人的には俳句の世界の事で、俳句が終わってしまわぬ様に新しい言葉も入れていきたいという意味です。
自分は充分年寄りですが、俳句の世界ではまだ若い方なので。
読んで下さったように、実景ではなく教訓ですね。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

雪合戦の句の添削ありがとうございます。
「参加」は散文、説明でした。映像をいれるべきでした(汗)
添削句はとても勉強になります。
「雪礫」の季語と、「父の手」はとても参考になります。

御句の感想です。
近江が大雪だから新幹線は徐行運転だという、因果のある句だと分かりました。
少しは鑑賞力が上がったかもしれません。
勉強になります。
いつもありがとうございます。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 0

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

イサクさんご無沙汰しております。

はい、「ありぬべし」は子規の句で知りました。
以前からイサクさんのおっしゃられているとおり、これからは”土谷海郷の俳句”を作っていくことが課題です。
類想、ありがち、というところから抜け出すのは大変ですが、がんばります。

さて、新幹線といえば、こちら長崎では昨年西九州新幹線が開通しましたが、私の家からほど近いところに線路があり、新幹線が通る音が聞こえてきます。
また、長崎では珍しく雪が積もりましたが、大したことはなく、変わらず走っていました。
まだまだ長崎は発展していきます。がんばらんば!

これからもよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「新幹線徐行近江は雪の国」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは。いつもご指導頂きありがとうございます。
南天葉、自分の気持ちからしたら完全に季重なりですね。歳時記に載っていなくとも南天葉の紅は冬ですし、青くなるは春です。南天紅葉、逆さ紅葉なんて言葉を歳時記に載せて欲しいくらいの気持ちでした。
あえて季重なりを感じるならば下手な季語を取ってつけるのは野暮でしたね。『春立ちぬ』さすがですわ、絶妙な選択と思います。しかし、これはまだまだ私にはできません。無季と言われてもいいから、春ど真ん中の季語なんか持ってこなければ良かった(*^-^*)。今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かたつむり雨粒一つ当たりけり

作者名 岸本義仁 回答数 : 3

投稿日時:

射干玉の月に明かして大晦日

作者名 游歩人 回答数 : 0

投稿日時:

秋澄めり天狗のコルの先に槍

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『新幹線徐行近江は雪の国』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ