俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬たんぽぽ独りごちて歩きけり

作者 エイジちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暗唱句をとなえながら散歩しております。

最新の添削

「冬たんぽぽ独りごちて歩きけり」の批評

回答者 宮武桜子

なんとなくリズムが悪い気がします。冬たんぽぽが六音で難しいので中七に持ってきたらどうでしょうか?

独りごち冬たんぽぽの聞いてをり
独り言冬たんぽぽが聞いている

冬たんぽぽもひとりごちも初めて知り勉強になりました。
たんぽぽは可愛らしい花なので現代文でも良いような気がします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬たんぽぽ独りごちて歩きけり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

俳句一年目の者です。
「ひとりごちて」はひとりごと。❗️😮
シーン私もアリアリ。ポケットの中で五七五と指を折っています。

冬タンポポ、雑草のようなものですか。だけどそこに目線がそっと🎵

勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬たんぽぽ独りごちて歩きけり」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

「エイジちゃん」さん、こんにちは。

御句について。

上の句と中の句で音数を融通している破調の句のようですが、そんなにトータル十七音に拘らなくても…、と思いました。
それはそれで大事なのでしょうが、独りごちているのも歩いているのも「冬たんぽぽ」ではない(「冬たんぽぽ」は主語ではない)ので、「冬たんぽぽ」は字余りでも上の句として一旦はっきりと切って、中七下五は別にリズムを整えたほうが良いかと思います。

 冬たんぽぽ独りごちたる散歩道 (これは「山本山」かなあ、と独り言)
 冬たんぽぽ散歩しながら独りごつ

「冬たんぽぽ」と「独りごつ」があれば、「歩く」も「散歩」も要らないような気はして。「独りごつ」を、コメントの「暗唱句をとなえながら」というイメージの言葉に変えられないかな、という提案(改作レベル)を、

 冬たんぽぽ愛誦の句のぽろぽろと

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

縁側で小豆選る母舟も漕ぎ

作者名 菊花 回答数 : 8

投稿日時:

一枚の大岩越えて春の水

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

根の国の彷徨の果て泉湧く

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬たんぽぽ独りごちて歩きけり』 作者: エイジちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ