俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

足早の僧の香りや春近し

作者 エイジちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

母の回忌法要にお寺へ行ったとき、足早に支度を急ぐ若い僧侶の漂う印象を詠みました。

最新の添削

「足早の僧の香りや春近し」の批評

回答者 イサク

再訪です。

コメントにコメントが入ったようですが、私は「若い僧とわからない」とは言ってませんので、コメントに誤読があるのでしたらあしからず・・

「線香」私もそういう読みはありましたが、「足早の僧」の「香り」とわざわざ限定していますし季語が「春近し」ですし、線香の香をわざわざ「香り」という単語を使うかな?と受け取りました。そこは私の説明不足ですね。

私のコメントも個人の意見なので、別の誤解が生まれるコメントは、できれば控えてほしいところです。ミスや勘違いにはがんがん突っ込んでほしいところですが。

岡目八目?とかの自由闊達な意見が言いにくくなりますので。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「足早の僧の香りや春近し」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。はじめまして。よろしくお願いします。

「足早の僧」「僧の香り」にそれぞれひっかかりました。
情景が出てこず。
がんばって作為的に解釈して
『街中で足早に歩く僧侶とすれ違ったら、フローラルな香りがした。春の近さを感じた』という句なのかなあ・・と。

コメントを見て、
◆「足早の僧」という言い方がやはり乱暴に感じます。「支度を急ぐ僧」、あるいは「忙しき僧」かなあ・・? 句全体の意図の中で「足早」や「忙しい」という情報は不要に感じますので、いっそ「若い僧・若き僧」でもいいかもしれません。
◆「僧の香り」とは印象・雰囲気なのですか?
 「香り」と言い切ってしまうならば実際に何かの香りを想像させて欲しいところですが・・漠然としていると、「僧の香り」に実態が出て来にくいと思います。

「僧の描写」なのか、「僧から漂っている香り(コメントでもわかりませんが)」なのか、それとも他の何かでもいいのですが、季語以外の部分はもう少し描写をシンプルに、具体的に、焦点をきっちり合わせた方が良くなるのでは、と思いました。

・せわしなき若き僧侶や春近し
・僧侶より洗濯の香や春近し

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「足早の僧の香りや春近し」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃

よく景が浮かびます。
内容と季語もぴったし。

そのままでも良いし、僧だと少しダイレクトなので法衣、僧衣、ころもに変えるのも一案。

足早の僧衣の香り春近し

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「足早の僧の香りや春近し」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

エイジちゃんさん!こんにちは
初めましてよろしくお願いします。
イサクさんが細かくコメントしておりますので、提案句だけを
・すれ違ふ僧の匂いや春近し
どんな香りがしたかは読みてまかせてはどうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「足早の僧の香りや春近し」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは🌞
再々すみません。

偉い僧侶は廊下を走ったりしないので、足早という表現でまだ若い僧とわかります。お寺の廊下で足早に歩く若い僧。法衣の袖が空気をはらんでふわりと広がっている。すれ違い様にお香の匂いがする。

大きなお寺ではたまに見ますね。
句にしようと思いつきませんでしたが、男性が詠まれたのが新鮮でした。

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ともかくも仕舞いて過ぎし大晦日

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

ネギ焼きやドサリ一面数青数多

作者名 めい 回答数 : 0

投稿日時:

春目覚め飛ぶわわじゃないと男の尻

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『足早の僧の香りや春近し』 作者: エイジちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ