俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

昨朝の冬三日月の姿無し

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨朝東の空に光っていた冬三日月が今朝は雲に隠れてか、姿がみえない。

最新の添削

「昨朝の冬三日月の姿無し」の批評

回答者 宮武桜子

こんにちは。
字として存在しても景色として無ければ季語になりません。御句の中には冬三日月が存在していないので無季の句になります。
唯一の例外が季語としての無月です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「昨朝の冬三日月の姿無し」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、こんにちは。いつもお世話になっております。
御句とは直接関係ないのですが、知見があったらご教示頂きたくコメントさせて頂きました。明け方の東の空に見える三日月?は正しくは二十六夜月であると思いますが、俳句の世界では三日月として扱われるのでしょうか?。
自分でも少々調べてみましたが良く分かりませんでした。調べる中で上弦、下弦の月とか、上り月、下り月とか結構細かく分けているようでした。
その中で”明けの三日月”という表現は見つけました。御句は”昨朝の”の言葉があるので”明けの三日月”と同じ使い方だと受けとっております。
今後ともよろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

向日葵の種の重さの角度かな

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

桜色夾竹桃の花の波

作者名 秋恵 回答数 : 5

投稿日時:

亡き父の古書色あせて冬深し

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『昨朝の冬三日月の姿無し』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ