俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手始めは婆やの味のおでん屋で

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

下手で申し訳ございません。勉強中です。
夜の飲みに出かけている様が分かるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

最新の添削

一軒目は婆やの味のおでん屋で

回答者 丼上秋葵

こんばんは!おくらと申します。

恐縮ながら、「おでん」の句に感想を述べさせていただきます。

菊花様もおっしゃられていますが「婆やの味」がとてもよい表現だと思いました。はしご酒の句ですよね? やはり最初は馴染みの「婆や」がいるおでん屋に行こう! という。女将さんを「婆や」と呼べる詠み手の親愛の情が感じられます。季語「おでん」が持つ〈庶民的〉〈温かな〉イメージもあいまって、優しい雰囲気の句になっていると思います。

久田様がおっしゃられてるように「手始めに」は少しわかりづらいですね。はしご酒なら字余りではありますが、「一軒目は」とした方が誤解を招かずに済みます。最初に行きたい「婆や」の店という意味を強調する為にも許容できる字余りではないでしょうか?

同様に、原句のままだとはしご酒だということが伝わりづらいので「婆や」は店の女将さんなのか、詠み手の祖母なのか、はたまた女中さん? といった悠様のような疑問も当然、生じてきます。

前回の「おでん」の特徴をあらためて述べただけに読めてしまう句よりも、格段に味わい深い句になっている
と思います!

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手始めは婆やの味のおでん屋で」の批評

回答者 菊花

句の評価:
★★★★★

はじめまして菊花と申します。まだまだ初心者なので、添削はとてもとても出来ませんので、感想をと思いました。
はしご酒でしょうか。少し寒くなったし、一軒目ははあそこのおでん屋で温まろう、という感じ。顔馴染みの女将さんとどこかホッとする味が伝わってきます。とても勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、菊花さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

馬頭尊先にひろごるそばの花

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

蔓草や垂れ重なりて溽暑かな

作者名 三男 回答数 : 5

投稿日時:

右向くや国粋主義の桜かな

作者名 三角すい 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手始めは婆やの味のおでん屋で』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ