俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

田の落ち穂食む白鳥や冬を告ぐ

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の渡り鳥と言えば、先ず思い浮かぶのが、白鳥です。稲刈り後の田んぼの落ち穂は雪が降る頃はいいあんばいにふやけていいご馳走になってるみたいです。夢中で食べてる群れを見て冬の訪れも知ります。

最新の添削

「田の落ち穂食む白鳥や冬を告ぐ」の批評

回答者 腹井壮

ささゆみさん、おはようございます。自然を良く観察されている方の句だと思いました。ですが今回の季重なりは再考の余地があると思います。白鳥が冬の季語ですから田の落ち穂を食べているだけで十分冬が訪れた事を表現しているのではと思います。参考になれば幸いです。

点数: 3

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我が傘の稼ぎ時かな今は梅雨

作者名 長山知志 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

それなり老いて今年も春ゆけり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

秋の虹土手にのぼればすでに消え

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『田の落ち穂食む白鳥や冬を告ぐ』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ