俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

縄跳びやピエロの渡る大車輪

作者 ドキ子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃に招待券をもらって親子でサーカスを観に行った時の事を詠みました。
ピエロが縄跳びしながら大車輪の上を歩いていました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

最新の添削

「縄跳びやピエロの渡る大車輪」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。ピエロの渡る大車輪ってなかなか素敵な光景ですね。
そこに「縄跳び」の取り合わせが少しつきすぎかもしれませんね。もう少し関係ないものと合わせて響き合わせたいですね。冬すばる、とてもいいですね。ロマンティック。

さて、なおじいさん。私もとっても同じように心配しています。でも、去ります!とかしばらく離れます!言わずにお越しにならないので、体調の方の心配をしています。元気ならいいのですが!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「縄跳びやピエロの渡る大車輪」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

マサトさんこんにちは。

実は祖母と父親がサーカス団員でした。
私が生まれたときには既にやめていましたが、よく所属していたサーカスに連れて行ってくれました。

御句ですが、ピエロが縄跳びをしているということなので、縄跳びを「や」で切るのはやや変だと思います。
それから、季語の季節感も気になりました。
確かに縄跳びは冬の季語ですが、ピエロがサーカスで縄跳びをしている風景に季節感が感じられないので、私としては季語として見れませんでした。

「ピエロが縄跳びをしながら大車輪の上を歩いている」というのは俳句に取り込むには材料が多いように感じます。
ピエロが大車輪に乗っている光景だけでも俳句の材料としては十分なので、その光景に冬の季語を取り合わせるのが最良だと思います。

・冬すばる車輪の上に立つピエロ

次回も楽しみにしてます。

点数: 3

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

泉城の軸床の間に菊づくし

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

明るいと外を見やれば雪明かり

作者名 いがやらし 回答数 : 3

投稿日時:

髪洗ふ三姉妹てふイデオロギー

作者名 卓鐘 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『縄跳びやピエロの渡る大車輪』 作者: ドキ子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ