俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

去年の霜今年も霜の季なるらし

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

歳を取ると、一年がホント早い。
ビックリするほど…😔
シンプルだが、ちょっとカッコつけた句かも…「去年」は当然 "こぞ"と読んで下さいね😓

最新の添削

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 ちゃあき

 負乗さん、拙句「ゴジラめく~」にご意見ありがとうございました。 
 送電塔はYahooで検索したら出て来たのでそのまま使いました。雷は数年前に一度落ちた瞬間を目撃しましたが、昨日は落ちませんでした。というか鳴ってもいませんでした(笑)。
 職場から見える送電塔は形も大きさも色々ですが中の一つだけが、ゴジラめいて見えるんですよ。初代ゴジラに。またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

負乗さん、おはようございます。
「鰯雲」の句へコメントいただきありがとうございます。確かに!今、読み返してみると何の工夫もないつまらない類想類句でしたね。勉強いたします。
ただ、鰯雲は巻積雲のことなので、呼び方は違いますが外国にもあります。
英語では cirrocumulusと言います。
あとロンドンは霧の日ばかりではないです。
私が旅行した時は何日もずっと良く晴れていて、ウェストミンスター寺院も青空に映えてとても美しかったです。
エリザベス女王の国葬の放映を見ていて、その時の感動を思い出して作句してみたのですが、、、
難しかったです。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 マサト

句の評価:
★★★★★

師走の句の添削ありがとうございます。
褒めていただきとても励みになります!

御句の感想です。
「去年」→「こぞ」と読むのは勉強になります。
歳時記を持っていますが、まだ冬のページばかり見ていますので…。
素敵な句だと思います。
だんだん寒くなってきましたね。
今朝は車の窓ガラスに霜が降りていました。
このような句をいつか詠みたいと思います。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

負乗さんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、参考にしたいと思いました!
去年と書いてこぞと読むのですね。勉強になります。
蘇軾の七言絶句も完璧に忘れていました。負乗さんは博識ですね。
私が無知すぎるだけかもしれないですけど。
御句はとても詩情があっていい句だと思います。素晴らしいです。
コメント本当にありがとうございました。励みになります。
次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

負乗さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
野良猫のコメントありがとうございます。
確かに餌を待つは種明かしですね。
勉強になります。
御句
季なるらし
なるようだというこのような使い方勉強なります。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 負乗さん、こんにちは。拙句「デュットを~」にコメントありがとうございました。敷居が高いお店なんかじゃありませんでしたよ。こないだのプレバトのキーワード?「ママ」「OK」「忘年会」から若い時分を思い出してお遊びで作ってみただけです(笑)
 御句:これは新年の句になるのですか?年を越した「霜」の句なのかなあ。ちょっと考えさせられましたが、印象に残る面白い句だと思います。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

負乗様

いつもお世話なります。
山茶花の句にコメント有難うございます。
別れと山茶花の花の鮮やかに冴える寒々しさが合うかな?と思い使いました。
別れをを具体に描かなかったのは
想像を膨らませてもらえるかなと意図でしたが難しかったようです。

御句、拝読させて頂きました。
初読でリズムが良く素敵な句と思いました。
本当に一年の過ぎるのが早いこと。
年のせいでしょうか 笑

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の色ラナンキュラスのドレス着て

作者名 石坂 紀子 回答数 : 6

投稿日時:

ぽつくりの朱き鼻緒や京の冬

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

親と子と違ふ音立て枯葉道

作者名 よし造 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『去年の霜今年も霜の季なるらし』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ