俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初版本黴の臭いの秋灯下

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何十年も本棚に飾ったママの専門書を出してみました。黴臭いですが…、やる気満々の時代にタイムスリップしました。心地よいです。

最新の添削

「初版本黴の臭いの秋灯下」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。私は、日本人なのに日本語を知らなすぎると思い俳句を初めました。語彙を増やすために、古語辞典と国語辞典は検索中です。カタカナについては、あまり気にしてません。というか、俳句のイロハを語れる立場にありません。まず自分なりの表現で好きにやればいいと思ってます。しかし、人間褒はめられたいという願望がある厄介な生き物です。そうすると、自然と学ばざるを得ないことになります。
それが自分の欲求であれば、それでいいのではないかと思っています。趣味ですから。年齢に関係なく生きてる間楽しめるので、それもいいですよね!🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初版本黴の臭いの秋灯下」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。夏の雨、、ですが、雨に濡れた制服の女の子と男の子です。ちなみに、私は七月から始めたので、ほんのまぐれ当たりです🙇。お互いがんばりましょう!

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

初版本黴の臭いの秋灯下の批評

回答者 三日酔いの防人

千日草様、こんにちは。『秋灯下』良い季語ですね。
黴は夏の季語です。初版本が黴臭いのは在り来たりなので、中七は違う臭いにしてみてはいかがでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

滝音も妻の声音も夢うつつ

作者名 卓鐘 回答数 : 11

投稿日時:

診察券冬の薔薇の横に出す

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

山小屋の定番メニュのカレーかな

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初版本黴の臭いの秋灯下』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ