俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

焚き火前背を向け談義通い合い

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつも貴重アドバイスをいただくものの上達には時間がかかりそうです。これからもご指導よろしくお願いします。

今、上五の大切さをよく理解すべしと自分に言い聞かせました。上五はお笑いの世界でよく言われている「つかみ」と認識します。何の話かとそこそこ焦点を絞る。

さて、投稿の句ですが、焚き火前で背中を温めようとして互いに背を向け会話する場面もよくある。そこをちょっと面白い場面と思い句にしました。

最新の添削

「焚き火前背を向け談義通い合い」の批評

回答者 なおじい

こま爺さん、こんにちは。
御句拝読しました。
「上五はつかみ」、なかなか蘊蓄のある言葉です。大切にします!

御句ですが、焚火前のすぐ後に背を向けとつながるので、ちょっと窮屈な感じがします。また、「談義が通い合う」これはわかりますしいいのですが、私としてはちょっと固いかなと。

・焚火背に丸く話の通じ合い
・背を向けて話の弾む焚火かな

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「焚き火前背を向け談義通い合い」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、こんにちは
季語をどこに置くかはお笑いの世界でいう「つかみ」と「オチ」とで色々パターンがありそうですね
御句につきましては背を向けて談義する光景が結構謎めいているので、オチとして季語を下五に置いても面白いかと思い詠んでみました
・背向けて談義し温む焚火前
これからもよろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

凩の通ひ路なるや妻の胸

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

木枯しや子らの帰りを待ちわびる

作者名 よしはむ 回答数 : 2

投稿日時:

再放送みるな接続できぬ春の夕

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『焚き火前背を向け談義通い合い』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ