俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

振り向けば辺り一面曼珠沙華

作者 舞矢愛  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今までは振り返ればいつも私の後ろにいた息子が気がつけばもう成長して居ない。
その事実は素晴らしいことなのだが、どこか寂しくまるで曼珠沙華の
花の美しさに似てる感じがしたのですが、季語の選択は正しいのか?振り向けばという動詞は良いのか、正解が全く分かりません。。。

最新の添削

「振り向けば辺り一面曼珠沙華」の批評

回答者 おかえさき

おはようございます、再々訪です😓
老夫婦の拙句はなおじいさんの指摘通りで、考え直します。

自分の添削を確認したら、やはり茎だけになった彼岸花を季語としていいのか疑問を持ちました。花はない訳ですから…
廻りの先輩に聞いてみます、このサイトでも達人が大勢いらっしゃいますから…
失礼しました<(_ _)>

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

振り向けば茎のみばかり曼珠沙華

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

初めまして、こんにちは😌
このサイトで女性がめっきり減って寂しく思っていたので、嬉しいです。彼岸花もとっくに終わりましたが…それはそれとして…
前書きのコメントと句の内容が、私が深読み出来ないのか、ちょっと違う印象受けました。
彼岸花が沢山咲いているのに、子供さんが育った寂しさを感じるのですね?
私は逆の感覚になるかな~と思いました、彼岸花は花が散ると茎だけが残ります、そこに一抹の寂しさを感じます。
でも人それぞれですので、色んな見方があって良いかと…
もっとお上手な添削が沢山あるかと思います。
失礼しました、よろしくお願いします<(_ _)>

指摘事項: 季重なり

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

息子発ち行きし列車や散る色葉

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

舞矢愛さん、こんにちは

御句、曼殊沙華の美しい景が浮かびますね
お悩みポイントの正解自体は極論誰にも出せないものだと思いますし、あえて出せるとすれば作者のみではないかと思います

とはいいつつ、読者としての感想としましては「曼殊沙華」は天界/彼岸の花のイメージがあるので少し故人や死のイメージが付きまといますね
また、コメントではとても詩情のあるエピソードなのですが句のみですと少し伝わりづらい感じでしょうか
それらを踏まえて詠んでみました

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「振り向けば辺り一面曼珠沙華」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

再訪です。
いつの間に季重なりのチェックがついていました😓
季重なりではありません、慣れない為と年の為手元がぶれるようです。
ごめんなさい(>_<)

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春警察後ろ代償胸張り止め

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

風涼し生け花を手に帰る夜

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

そこかしこ綿飴のごと雪残る

作者名 あらちゃん 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『振り向けば辺り一面曼珠沙華』 作者: 舞矢愛
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ