俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

囀りやあの木この木と彷徨えり

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小鳥の鳴き声があちらの木で鳴くかと思うとこちらの木で、と正体が見えません。
囀りは春の季語ですね。彷徨うは擬人化です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「囀りやあの木この木と彷徨えり」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃
コメントから、
囀りは主語なので「や」で切るとおかしな感じになります。

囀りのあの木この木と彷徨えり

「の」が3回入ることよりリズムも出て良いのではないでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「囀りやあの木この木と彷徨えり」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「囀りや」の「り」を省いて、「囀や」もありかなとおもいます。
「囀」は、繁殖期の雄鳥の求愛の決意表明ですかね。「彷徨」を使うと目標なく落ち着かない印象です。

こうしてはいかがでしょうか。

 囀やあの木この木のめぐり逢い

よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

六歳の風呂の長きや秋の暮

作者名 はや 回答数 : 9

投稿日時:

冬薔薇妹ばかり注ぐ愛

作者名 めい 回答数 : 1

投稿日時:

警備員大旗を振る二月かな

作者名 エイジちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『囀りやあの木この木と彷徨えり』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ