俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

椎の実や毘沙門堂の甃

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 前句では、皆様からお祝いの言葉をいただき、どうもありがとうございました。本道場で諸先輩の皆様に御指導を頂いて来たおかげであると心より感謝申し上げます。
 今月でもうすぐ一周年になります。あっという間でしたが、今後ともよろしくお願い致します。
 掲句*八王子みなみ野という所に小さな毘沙門堂があって境内にスダジイ(すだ椎)の巨木がそびえています。そこの甃(いしだたみ)に堕ちている椎の実を詠みました。御意見よろしくお願いします。

最新の添削

「椎の実や毘沙門堂の甃」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

げば様に同じく「しきがわら」読みでした。椎の実が屋根を伝って敷瓦まで落ちてくるような。

これはこのままでいいですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「椎の実や毘沙門堂の甃」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

もうすぐ一年ですね。毎日一句ペースで続けられて仕事も忙しいのに。継続は力なりですよね!句にもとても安心感があります😆
御句、しきがわらと読みましたがいしただみとも読むのは知りませんでした。秋の瓦と書くのも風情がありますね。
椎の実のかんころんという音が聞こえます。いただきます。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

実千両流儀は問はず花籠に

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

七夕ねわかってる大人ブルー

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

アラームをセットしなおす三日かな

作者名 めでかや 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『椎の実や毘沙門堂の甃』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ