俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

発熱し気もそぞろなり秋の暮

作者 さほ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初投稿です。発熱して、何にも集中できない様子を詠んでみました。よろしくお願いします。

最新の添削

「発熱し気もそぞろなり秋の暮」の批評

回答者 森本可南

発熱し心細きや秋の暮れ

秋の暮れ気もそぞろなり熱高し

提案句をふたつ、作句してみました。

宜しくお願い致します。鷹司です。

さほさん。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

高熱に濡れる寝巻や秋の暮

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

さほさん、はじめまして

本句、言いたいことはそのまま表現できていると思います。
ただ詩としてみた時には散文としてただの説明になっているため、どのような時にどのように集中できないのか?といったようなことをイメージ/シーンで描写できると芸術性が出てくると思います
#誰が何をいつどうした、、、といった英語の5W1Hみたいなものでしょうか

具体的な映像の描写がなかったので少し追加させていただき参考に一句同じようなテーマで詠んでみました
#「高熱でかく汗を拭うこともできずに病床に臥せたまま一人きりで日が暮れていく」といった句意です
これからもよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

元カノのイヤホン赤く秋夕焼

作者名 格ゲー好き 回答数 : 1

投稿日時:

ランウェイを夢見る男子針供養

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

白昼の夢の残骸扇風機

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『発熱し気もそぞろなり秋の暮』 作者: さほ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ