俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

今頃は別かれを惜しむ神の旅

作者 新米  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

神無月もそろそろ終り。晦日には、神々も出雲からそれぞれのお国にお帰りになるとのこと。今夜は別れを惜しんでの宴会か。さぞ出雲大社は賑やかでしょうね。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

酒匂う布団を畳む神還

回答者 ハオニー

時期がちょうどいいのは確かにその通りです
しかし、イメージしやすい言葉がなく全体的にあいまいですね…
季語も気になります

この季語「神の旅」は「神のいる地方から、出雲大社へ向かう旅」、つまり「行き」を意味しています
この句を季語を信じて解釈すると、しばらく放心していたが、結局神様は私を置いて出雲大社へ行ってしまった… と気がついた
そのような感じです
「帰り」を表す季語は「神還(かみかえり)」「神迎(かみむかえ)」などがあります
もしかしたら、分厚い歳時記にはもっとあるかもしれません

そして、あいまいさは回避したほうがいいです
「別れを惜しんでいる」様子を表現できるモノに託したほうがよろしいかと思います
これは私なりに考えてみた方法ですが…
ちょっと酒の残り香のする布団、なんてものがあったとしたら「昨晩、宴をしていたであろう推測」はできそうです 「別れを惜しむ」神様もいらっしゃったかもしれない、と想像の範囲に入ってくるでしょう

今回は「神」が季語に関わってくるため、気構えた句になってしまいました
あまり自信がありませんが、これを手直しの提案とします

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「今頃は別かれを惜しむ神の旅」の批評

回答者 よしはむ

新米さん、こんにちは。
知らなかったのですが、「神の旅」とは初冬の季語で、陰暦十月、諸国の神々が出雲大社へ集まるために旅立つことをいそうですね。
集まった神々が10月(神無月)が終わりに近づいて、また故郷に帰るので別れを惜しみ合っているという句意です。

この句は、季語の意味と、日本神話に通じてないと意味がわからないのがネックですが、10月30日に詠うにはピッタリのものだと思います。

点数: 0

添削のお礼として、よしはむさんの俳句の感想を書いてください >>

「今頃は別かれを惜しむ神の旅」の批評

回答者 「アマテラスの暗号」

句の評価:
★★★★★

   こん 
神の旅根を集めてコスモスに

 根が √ で、それぞれの土地の神様(√)が出雲(島根)に集まり島(大和)がコスモス(平穏)になる

点数: 0

添削のお礼として、「アマテラスの暗号」さんの俳句の感想を書いてください >>

今頃は別れを惜しむ神の宴

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

新米さま、初めまして、こんばんは😊
好きな句てすね。神々は賑やかに酒宴を楽しんでると思います。
「旅」は、後のことですね。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

宙飛びて蜘蛛は欄干繋ぎをり

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

花過ぎや工事完了鍵掛ける

作者名 エイジちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

山茶花や朝日の目くわせきらきら

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『今頃は別かれを惜しむ神の旅』 作者: 新米
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ