俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

糖質を抑え鍛えて秋の声

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

困ったことに、食欲の秋。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「糖質を抑え鍛えて秋の声」の批評

回答者 腹井壮

唯我独善さん、こんばんわ。いつもコメント有難うございます。この句は具体的な影像がないのと何を鍛えるのかが読者に丸投げになっていますね。従って季語はかなり動きます。ですが最初のうちは色々チャレンジするのが宜しいかと思います。頭でっかっちになって多作出来なくなるよりよっぽどマシですから。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

光沢に裸身滑らす栄螺かな

作者名 負乗 回答数 : 2

投稿日時:

新米を炊きて初心に帰らふか

作者名 猫山竹 回答数 : 7

投稿日時:

風鈴の音色変はるや今朝の雨

作者名 白井百合子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『糖質を抑え鍛えて秋の声』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ