俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

つとライン友癌報告秋の午後

作者 鷹司晶子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

50年来の親友から、膵臓がんになったと、ラインがきた。

最新の添削

「つとライン友癌報告秋の午後」の批評

回答者 佐渡の爺

鷹司さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
ご友人癌の報告びっくりされた事でしょう。お見舞い申し上げます。

御句 
つとを古文の辞書を引いてみるとそのまま、じっと「急にと」と載っていました。
それと三段切れかと思います。
そこで提案句です。

・つとライン友の癌知る秋の午後

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡の爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「つとライン友癌報告秋の午後」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

鷹司晶子さん、こんにちは。
御句拝読しました。お友達が癌とのこと、ご心中お察ししますとともにお見舞い申し上げます。

掲句、ちょっと理解できませんでしたのは、上五の「つとライン」の「つと」です。調べましたがわかりませんでした。ただ、解釈には影響なさそうです。

次に、中七の「友癌報告」、これは、お気持ちは分かるのですが、もう少し開きたいと思いました。

・LINEにて友の癌知る秋の午後
・秋の午後LINEの告げる友の癌

ラインは固有名詞だと思い、英文字表記にしてみました。メールですとカタカナでもいいと思うのですが。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新海苔を噛めば吐息も潮となり

作者名 鳥越暁 回答数 : 6

投稿日時:

啓蟄のサボテンの棘光り出す

作者名 そうり 回答数 : 4

投稿日時:

炎天や居留守の窓は煌びやか

作者名 塩豆 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『つとライン友癌報告秋の午後』 作者: 鷹司晶子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ