俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

書院てふワープロにらみつつ夜食

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

記念日俳句、9/26は「ワープロ記念日」。

ワープロ専用機を使っていた、大学のゼミのレポート(「卒業研究」という名で一年かけて作成する…けれども“論文”とは言いがたい代物)を頑張っていた頃のころの記憶から。「書院」という名前を詠み込みたかっただけの句で、本当は句の末尾に「書院」を置きたかったのけれど…イマイチ収まらなかった。

※角川俳句10月号、題詠・雑詠で1句ずつ佳作。げばげばさんにコメント頂いて、掲載された句は見当が付きましたが、偶然にもどちらも助動詞「ぬ」で終わる形(10月号向け投句の中には他に「かな」「けり」の句もあったのですが)。いや、全体的に古風すぎたか。

※今週末はもう月が変わっている、ということを日曜の朝、NHK俳句を見ていて気づき(テーマ詠の第4週だなあ…第4週!?)、日曜の内に「子規忌」と角川の投句を急いで済ませました。どちらも自信ありません(特に題詠「朱」は、ありきたりの言葉しか連想出来ず…)。

最新の添削

「書院てふワープロにらみつつ夜食」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

この句はこの句で置いておいて、
コメントの話。
「書院」がワープロだと説明しに行くと、着地で置くのは至難の技です。「ワープロは書院」とあからさまな説明が必要なので。

「書院とはワープロ専用機だ」という前提でなら・・・

・卒研の夜食の卓にゐる書院

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「書院てふワープロにらみつつ夜食」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

角川の「ぬ」の形はたまたまなのですね。でも、断定する形がより詩情を生んでるように思います。題詠の方は俳味もあって、雑詠の方は少し哀愁も感じました。
今週は俳句ポストウィークですね。私は「原爆忌」20句くらい詠んではみたのですが、季語を深慮し切ることができず、今回は見る専門でございます~。みなさんの健闘をお祈りしてます。なおじいさんは昨年今年と原爆忌で日経俳壇とられてましたし、俳句ポストも出されたのかなー。

さて、掲句。書院と夜食がなんだか響きます。懐かしいワープロですね。ちゃあきさんも詠んでましたが、「つつ」の形が流行りなのかなあ。このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬銀河クランクアップいつになる

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

テーブルのこの字にならぶ夏料理

作者名 シゲ 回答数 : 0

投稿日時:

鳥の巣とひな鳥さげて帰宅道

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『書院てふワープロにらみつつ夜食』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ