俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

晩稲ごとしをる空き家の古チラシ

作者 風花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。
お昼に出歩くのはまだまだ厳しい日々ですね、、だけど朝晩は心地よい気温に。
気持ちいい。

最新の添削

「晩稲ごとしをる空き家の古チラシ」の批評

回答者 優子

風花様
風に吹かれる稲の様に、空き家の古チラシが靡いている様子を、作った句でしょうか?あまり利口でなくて申し訳ないです💦それからマンドリンの添削ありがとうございます。秋になって来ましたね、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、楽しみましょうね。私は昔はきのこ狩りに行っていたんですよ、ムラサキシメジとかくりたけとか採ってました。見つけるのが難しいので、見つけた時は、何だかとても嬉しい気持ちになります。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「晩稲ごとしをる空き家の古チラシ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

一見して意味のわからない句でした。
コメントもあまり関係ないことが書いてあるようで・・・

「晩稲のように萎れている空き家のチラシ」ということでしょうか?
とすると、まあまあ大きな問題がいくつか。

季語「晩稲」が完全に比喩としてしか使われていません。
 この季語はあまり生きておらず、本物の季節感のある「晩稲」が句のどこにもありません。
◆「萎れている」の意味ならば、「しをる」は終止形です。
 なのでこの句は「晩稲ごとしをる/空き家の古チラシ」で切れています。
 連体形の「しをるる(萎るる)」が正しいかな?
◆「晩稲のように萎れている」の映像が、そもそもわからないですね。
 晩稲=遅く実った稲、で早稲=早く実る稲や普通の稲との差は、単なる品種や地域差の問題だと思います。「晩稲」と言った時点で実ってますので、「萎れている」という比喩に似合っていないのでは。
 でもここ、「枝折る(枝を折る、道案内をする)」だと、さらに意味がわからないので・・・
◆そもそも「晩稲ごとしをる」のところの読み方が合っているかどうかも、いまいち自信が持てません。合ってます?
 「晩稲如(ごと)萎(しを)る」と思って読みましたが、「晩稲毎(ごと)萎る」かもしれないし、「晩稲如し、居る空き家~~」かもしれないし・・・

・晩稲刈空き家に古きチラシあり

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「晩稲ごとしをる空き家の古チラシ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

風花さん、こんにちは。
御句拝読しました。が、意味がわかりませんでした。普通はご自身のコメントを拝読するとなんとかわかるものですが、御句の場合は手助けになりませんでした。

一人で悩んでいたら、イサクさんもやはりお悩みのようでしたのでホッとしました(笑)。

晩稲をおくてと読み、意味としては早稲の反対だというのは、大学の名前に関連しているのでわかりましたが、それが「ごと」?

次にわからないのが「しをる」でした。イサクさんが詳しく解説なさっていますので繰り返しませんが、動詞ということがわかるくらいで・・・。折り重なるとか、そういう感じですよね。でもそうすると、晩稲との関係が・・・。

空き家のチラシはわかります!郵便受けにたくさん詰まっている状況ですよね。朝晩のお散歩で見かけたのですか?

風花さん、ぜひ種明かしをお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

滴りや苔の水路は光りおり

作者名 西風子 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴れに精密検査要の文字

作者名 ふり 回答数 : 5

投稿日時:

禅寺の空を分け合う青楓

作者名 弥平 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『晩稲ごとしをる空き家の古チラシ』 作者: 風花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ