俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かき揚げの如き打ち上げ花火かな

作者 たつお  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何と無く思いつきました。

最新の添削

かき揚げの如き花火が打ち上がる

回答者 ムッソリーニ

ハオニーさんの添削案に疑問を感じました。比喩と擬人化の二重はさすがによろしくないかと。

なので語順を変えて花火が打ち上がるシーンとかき揚げの花開くところを重ねてみたつもりです。

点数: 2

添削のお礼として、ムッソリーニさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「かき揚げの如き打ち上げ花火かな」の批評

回答者 ハオニー

はじめましてハオニーです
この比喩はとても力強いです
勢いよく開いてゆき、崩れやすく儚いかき揚げと打ち上げ花火が似ているという感性は流石です
万人が理解できる範囲の比喩に成功した、センスある作品です

このままでも素晴らしいのですが、悩ましいところが一つあります
この句は、勢いよく開く打ち上げ花火を描こうとしているのだと思います
ならば、しみじみとした詠嘆である「かな」では勢いを削いでしまうことになります

「かな」を使わず、打ち上げ花火の勢いを表現する方法を考えてみました

打ち上げ花火は空に大きく開きます
開いたらどうなりますか?
7~8月の打ち上げ花火なら、大きな音が鳴るでしょう
その勢いを表現する動詞を見つけられる実力がついたら、今より更に上手くなれます

私の例を
かき揚げのごとき打ち上げ花火吼ゆ

切れ字の効果まで分かるようになれば、この発想力と合わせて私の俳句の実力を上回れます

以上、「なんとなく」を真面目に評価してみました

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「かき揚げの如き打ち上げ花火かな」の批評

回答者 腹井壮

たつおさん、はじめまして。腹胃壮と申します。私は基本的に「如し」俳句は詠みませんが、打ち上げ花火を「かき揚げ」に例えるのはオリジナリティがあると思います。発想が貧困な私には及ばない発想ですね。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白黒や鍵盤に舞ふ春の指

作者名 丼上秋葵 回答数 : 0

投稿日時:

重力を従へ生きむ立葵

作者名 ののか 回答数 : 3

投稿日時:

鍋向こう笑顔に冷めぬ沸かし酒

作者名 よした 山月 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かき揚げの如き打ち上げ花火かな』 作者: たつお
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ