俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大悲呪の残暑の彼方浮身堂

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

薬師寺寛邦さんの、お経ポップに嵌まっていまして…
浮身堂で『大悲呪』を誦する僧侶…、良いですよ😉

最新の添削

「大悲呪の残暑の彼方浮身堂」の批評

回答者 優子

負乗様
初音ミクのお経ポップ、面白いですね、これなら頭に入りやすいですかね。浮身堂、湖に浮ぶ様に建っていてとても美しいですね。お経を聞いていると、意味を考えれば、とても興味深く聞くことが出来るのでしょう。もう秋ですね。お体ご自愛くださいませ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大悲呪の残暑の彼方浮身堂」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

かなり分かりにくい俳句だと思いました。
特に「残暑の彼方」これが余計に意味をわかりづらくしているかと・・・

コメントから措辞をお借りします。

・大悲呪を誦する僧侶いて残暑
・浮身堂に大悲呪奏でたる残暑

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「大悲呪の残暑の彼方浮身堂」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

負乗さん、こんばんは。背負籠の句へのご意見どうもありがとうございました。

御句。薬師寺寛邦さんの動画(般若心経ですが)少しだけ見てみました。何だかちょっと面白そう・・・ お客さんもペンライト持って楽しそうですね! 抹香臭さがなくてお経の理解への入り口にもなるかもしれませんね。「ライブ」って入れてみたくなりましたので、こんな提案句はどうでしょうか? 
・大悲呪のライブ残暑の浮身堂 ・・・・・ また、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「大悲呪の残暑の彼方浮身堂」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

負乗さま

初めまして!コメント有難うございます☺

「脇」より「袖」の方が品があるかな?と思ったのですが、
袖×2はしつこいですよね(笑)
涼しさを感じて頂き嬉しいです。

御句、初めてみました!こんな世界があるのですね~。
「~の」、「~の」さらに「彼方」と続き「浮御堂」に着地。どんどんその世界に誘われる様な。奥に奥にと引き込まれる。そんな感覚がしました。
お経を音楽に乗せるにしても本物の方がやるのは音楽以上の「気」みたいなものがこもってきますね。迫力が凄い!(^^*)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「大悲呪の残暑の彼方浮身堂」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

おはようございます。「ガラス戸に~」の句へコメントありがとうございました。
僕は昆虫に詳しくないので、バッタとしか言えなかったのですが、そのとき撮った写真を弟(昆虫に詳しい)に見せたら「これは、イナゴだ」と言ってました。
ガラスにとまっているバッタ(イナゴ)を初めて見ましたので詠んだのですが、よくあることなのかもせれませんね。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「大悲呪の残暑の彼方浮身堂」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

負負さん、こんにちは。
三回目なので来にくかったのですが、「廃鉱」の拙句へご意見ありがとうございました。「ハイコウ」を離して置けば駄じゃれ感が薄まりますね。勉強になりました。
ご提案句、とてもいいですね。気に入りました。
廃れゆくものと大宇宙の配合で無常感のようなものを出せるといいのかもしれませんが、今の僕にはまだまだ無理です。 今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

巣を守るハヤブサ狙うカメラマン

作者名 野原 由香 回答数 : 2

投稿日時:

秋しぐれ遠来友を送る辻

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

秋夕焼赤紫の叔母の足

作者名 白南風 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大悲呪の残暑の彼方浮身堂』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ