俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

龍淵に潜む一本足鳥居

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語は「龍淵に潜む」
一本足鳥居(または一本柱鳥居)とは、長崎の原爆で片足だけ吹っ飛ばされて、もう片方の足だけで立っている鳥居のことです。

「龍淵に潜む」は仲秋の季語なので使うには時期的にやや早いですし、そもそも使い方が合っているかわかりませんが、今日は長崎原爆の日なのでそれに合わせて、核廃絶への思いと、いつの日か龍が天に登る日が来ることを願ってこの季語を採用し、句を作りました。

最新の添削

「龍淵に潜む一本足鳥居」の批評

回答者 ドキ子

添削ありがとうございます。勉強になります。季語はたくさんあって、意味もそれぞれにあって、難しいです。語彙力もないのにTVを観て挑戦しているのですが、TVに映る句も良し悪しがいまいち分かっていません。励ましありがとうございます。がんばります。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「龍淵に潜む一本足鳥居」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、参考にしたいと思いました!

この句も辛い句ですね。「龍淵に潜む」という季語も初めて知りました。「一本足鳥居」との組み合わせても興味深いですね。龍が天に登る日という日は地球上から原爆がなくなる日でしょうか。不可能に思えますが、そんな日が欲しいと思います。

「マリア像」への添削ありがとうございました。本当に被爆マリアは悲惨ですよね。身に沁むという季語いいですね。ぜひ使わせていただきたいと思います。歳時記をアプリで買ったのですが、あまり頭に入ってないですね。調べながら覚えていくしかないですね。

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

「龍淵に潜む一本足鳥居」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「龍淵に潜む」がインパクトがあるわりに風景がない季語なので、固有名詞『だけ』と合わせるのは厳しいかな・・・と思いました。

この季語で「いつの日か龍が天に登る日が来ることを願って」これを持ってくるのは理屈ですしねえ・・・

お気持ちはいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪催い句に向き合いし一卜日かな

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

木の芽には乳いろの雨おしみなく

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

だらだらと下る坂道大西日

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『龍淵に潜む一本足鳥居』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ