俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

膨らみていたずら心す白桔梗

作者 しお胡椒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

白い桔梗の膨らんだ蕾に触れればばポンと音をたてて開きそうです。

最新の添削

「膨らみていたずら心す白桔梗」の批評

回答者 なおじい

しお胡椒さん、こんにちは。
御句拝読しました。面白い光景ですね。
ただ、「いたずら心する」というのが具体的にはどうするのかがちょっとわかりにくいのでは、と思いました。
上五で、「膨らみて」とおっしゃっているのでつぼみのことをお詠みとは思いますものの、つぼみにいたずら心を出すのが、「叩く」に結び付けばいいのですが…。

・はちきれんばかりの蕾白桔梗
・戯れに蕾つまみて白桔梗

ずっと白桔梗の画像を見ていたら、次のような句も浮かんできました。

・恋人は社長の娘白桔梗

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

幾京の涙があった年の暮れ

作者名 めい 回答数 : 0

投稿日時:

振り返る君の香水人違い

作者名 ちょすい 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

母親の怒りがたまる夏休み

作者名 たったん 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『膨らみていたずら心す白桔梗』 作者: しお胡椒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ