俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かぶりつく妣の嫌いなトマトかな

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

亡くなった母は、唯一トマトが嫌いでした。それ以外は、食えるものなら何でも食った妣です。
きょうだいしてからかった記憶があります。
妣の
妣が
俳句では、やたらと「の」を使う気がしますが、基準が定まりません。

最新の添削

「かぶりつく妣の嫌いなトマトかな」の批評

回答者 かぬまっこ

詠嘆の「かな」なので「トマトかな」でもいいと思いますよ。
「熟れトマト」としたのは何となくです。多分、上五の「かぶりつく」があったからでしょうね😅

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「かぶりつく妣の嫌いなトマトかな」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃そうですね。俳句ではよく「の」を使いますね。「が」は響きが悪いのと散文的になるからでしょう。でも、この句には「が」という句もあります。私には其処のところの見極めができません。だから、無難な「の」をよく使いますね。

🔷かぶりつく妣が嫌いな熟れトマト

「が」を使ってみました。(^.^)(-.-)(__)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋風や乱れがちなる山の雲

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

梅雨寒に一服するは熱き茶か

作者名 岸本義仁 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

望台の音なく遠し華厳滝

作者名 竜子 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かぶりつく妣の嫌いなトマトかな』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ