俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

静脈の浮かぶ乳房や稲光

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

かぬまっこさん、北野きのこさん、輝久さん俳句生活の人選おめでとうございます。あのお二人さんは挑発はするけど結局言うだけ番長でしたねの腹胃壮です。俳句に言い訳は不要。
さて今回の掲句はかぬまっこさんのような女性をモデルにして詠んでみました。勿論、御本人にはお会いした事がないので妄想の産物です。それでは皆様の御意見や添削をお待ちしております。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「静脈の浮かぶ乳房や稲光」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります!
お得意のちょっとエロい俳句ですね。ぜんぜん嫌いじゃないですよ(笑)。しかしあのおっぱいの微妙に青い部分が「静脈」ではない、ということであれば諦めるしかないのかもです。

ところで私この度初めて俳句生活に応募したのですが、「稲妻のへし折れたるとしなりたると」で地選をいただきました!夏井いつき先生からコメントも戴いて大変感激しています。
これも俳句道場で鍛えられたからこその結果かなと思っております。この場で申させてもらいますが、改めまして皆様いつもありがとうございます!

点数: 3

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「静脈の浮かぶ乳房や稲光」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃生々しい句ですね。因みに乳房に静脈は浮かばないと思います。なので、この句には無理があるように思います。

🔷静脈の浮かぶ腕や稲光

腕は「かいな」と読みます。(^.^)(-.-)(__)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「静脈の浮かぶ乳房や稲光」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。添削いつもありがとうございます。俳句のイロハを身につけねばと、反省しきりです。
本句ですが、私には記憶が巻き戻るような句です。妻の乳房は大変機能的でしたので、子どもを出産するとミルク工場でした。今は、、、。機能的?。
妻は色白ですので、乳房の静脈はくっきり浮かんでいました。稲光がするとより白さが際立ち、妖艶な雰囲気がありましたね。
嗚呼!懐かしや!!

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「静脈の浮かぶ乳房や稲光」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。
やはり、浮かぶという表現がぴったりだと思います。
浮かぶ:まず男性の腕でしたら問題なし。
女性の乳房に男性のように浮き上がる静脈はありません。相手が稲光ですので、一瞬浮かびあがる静脈との対比として妥当だと思います。
お化けが一瞬浮かびあがる感じかなと。
どんな場面かは、勝手に想像すればいいんだと思います。
添削は野暮だと感じます。
表現の選択の勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「静脈の浮かぶ乳房や稲光」の批評

回答者 ねぎみそ

腹胃壮様、お早うございます。
「盆の黙」の句に添削を有難うございます。季語の説明になっているということ納得致しました。

(ところで、塩豆様へのメッセージが 私への添削のなかに誤って混じっていましたよ。)

点数: 1

添削のお礼として、ねぎみそさんの俳句の感想を書いてください >>

「静脈の浮かぶ乳房や稲光」の批評

回答者 なおこ

腹胃壮様、お久しぶりです。同じなおこです!
コメントありがとうございました。
「遠花火」 いいですね!合うと思います。ということは「稲妻や」は動いてしまうということですね…考え直してみます。

久しぶりにこちらを拝見して、カレーがすごく盛り上がっていて驚きました(笑)

点数: 1

添削のお礼として、なおこさんの俳句の感想を書いてください >>

「静脈の浮かぶ乳房や稲光」の批評

回答者 ねぎみそ

腹胃壮様、こんにちは。

先程はお騒がせしました。「関東以外からの採用が増えているので今がチャンス…」とあったので、てっきり何か行き違いがあったかと思ってしまいました。

東京新聞のwebサイト見てみますね。作るのも遅いし、実力的にもなかなか難しいと思いますが、これはいけると思う句ができたら試しに投稿してみます。

点数: 1

添削のお礼として、ねぎみそさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

余生とは言へぬ仕事や鳳仙花

作者名 金太郎 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

多摩の流れ名前はいらぬ芝桜

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

ひまわりや知らない人とする会釈

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『静脈の浮かぶ乳房や稲光』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ