俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

糸蜻蛉太公望の竿の先

作者 しお胡椒  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝も主人は友達数人で釣り大会とか、大会と言うので賑やかかと思ったら大違い!
等間隔に離れて静寂の中での競い合いと言うことです。
添削有り難う御座います。

最新の添削

「糸蜻蛉太公望の竿の先」の批評

回答者 なおじい

しお胡椒さん、こんにちは。
御句拝読しました。鮎釣りでしょうか?静かにしないとお魚が逃げてしまうそうですよ。

先にコメントを置かれている久田さんは鮎釣りの大家で(勝手にそう決めている)、これまでにも竿とトンボの句を数多くお詠みです。

「竿先を揺らして去りぬ鬼やんま」
「とんぼうの羽光らせて竿の先」

他にもあるのですが、この二句を見ても、ただ単に竿の先にトンボがいるだけでなく、しっかり一瞬の動きをお詠みになっていることがわかります。

しお胡椒さん、厳しくしてくださいとのことですので申し上げますと、この光景は詠む人が多そうですので、何かオリジナリティを入れないと埋没しそうです。

・糸蜻蛉竿はソーシャルディスタンス

ああ、でも、川柳みたいになってしまいました…。申し訳ありません、無視してください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「糸蜻蛉太公望の竿の先」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「厳しくしてください」ということで・・・

「太公望」とくれば「釣り」「竿」はちょっと当たり前感があります。
「竿先」に「蜻蛉」は悪いわけではないですが既視感が強いですね。類想な気がします。

この句では例えば、「太公望の」の七音を変えて独自性を探して、そこで類想回避でしょうか。
もう少しきっちり取り合わせの二物にしてしまうのもありかな?

提案の句も即吟なのでまだありきたりな感じですが・・・

・糸蜻蛉二匹吾と子の竿先に
・友の竿ばかりに魚信糸蜻蛉

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

うららけけし杖ベビーカー車椅子

作者名 かこ 回答数 : 1

投稿日時:

釣り針の味かなしからう浮寝鳥

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

昼酒のすこし酔ひある端居かな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『糸蜻蛉太公望の竿の先』 作者: しお胡椒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ