俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏休み児童保育のお弁当

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 昔の夏休みはラジオ体操で始まりました。孫達は両親が働いてるから、学童保育にお弁当持参で出かけます。
 じじばばが預かってやりたいですが、そうもいきません。
 ただただ説明だけですねえ。

最新の添削

「夏休み児童保育のお弁当」の批評

回答者 はや

夏休みはそうですよねー。給食がないから、学童保育の子達はお弁当の毎日ですもんね。給食ってほんとありがたいなと実感します。
説明になっているとご自身で感じてらっしゃるとのこと。何が説明っぽくさせているのかなと考えると、やはり「児童保育の」ではないかと思いました。
例えばお弁当を用意している様子を描写してみるのはどうでしょう。
夏休みきゅっと弁当包みたり
とか。
学童保育へ持たせるお弁当かもしれませんし、家族でどこかへお出かけするのかもしれませんし、少し句に広がりが出るかなと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

天気予報一喜一憂冬休み

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

立春や紙風船ひとつ折る

作者名 原晴美 回答数 : 1

投稿日時:

大都市の熱に挟まれ白日傘

作者名 せんだん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏休み児童保育のお弁当』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ