俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨上がり広げたままの日傘かな

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「白黒の日傘」にはコメント有難うございました。
本句は、雨は上がったけど傘は差したままだという句です。
当人は傘を乾かしたいのですが、
・雨が上がって晴れたから雨傘が日傘に変わるという理屈が通るか?
・雨上がりイコール晴れ、とは限らないが、大丈夫か?
・そもそも類想の沼でしょうか?
ご意見よろしくお願いします!

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨上がり広げたままの日傘かな」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

再訪です。

子どもの作句についてのコメントありがとうございました。
季語をひとつ入れるって子どもには難しいんですね。溽暑や黒南風は私も難しそうですが(笑)。確かに季語とか言わなくても、「夏っぽいことを詠んでごらん」で十分ですね。親があまり先走ったらダメですね。反省。

「日本古来の夏の風物詩を教えたい」との言葉にはハッとさせられました。そういうものって、意識しないとどんどん置き去りにされてしまいそうですね。蚊取り線香とか風鈴とか、子どもの目にとまるように、さりげなくぶら下げておきます!
さすがなおじいさんだなあ。聞いてみてよかったです。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨上がり広げたままの日傘かな」の批評

回答者 こあめ

句の評価:
★★★★★

なおじいさんこんにちは!「あみだ」に
アドバイスありがとうございます!
やはりあみだが気になりますよね。
もともと阿弥陀さまの後光だそうで
よく見てみたらとても神秘的に見えて
きました…。
あみだ帽子の先のという風にした方が
夏休み感ありますねー。
下五は余ってもいいので勢いをつける
のが良さそうです。簡単なお題ですが
難しいですね。

私はなぜか雨が上がって玄関先に広げて
乾かしてある日傘の映像が浮かびました。少数派のようなので気にしないでください。言い回しによって色々意味合いが
変わってきそうです。何が正しいかは
分かりませんが、自分の中にある
イメージで添削してみます。
(最近は添削に挑戦させてもらってます)

雨上がる閉じるつもりもない日傘

なんか哲学的になったような…
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こあめさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨上がり広げたままの日傘かな」の批評

回答者 こあめ

句の評価:
★★★★★

なおじいさんこんばんはー。
番組で先生が添削は10年早いという風に
言ってたので敬遠してましたが、
自分だったらこんな感じでという体でも
いいんですね。
それならば今後も気軽に添削に挑戦して
いってみます。
あと、このコメント投稿は同じ人が
何度も書けるんですねー。

点数: 0

添削のお礼として、こあめさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅ばやし犬や猫まで誘われる

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

浴衣着て慣れぬ鼻緒の下駄に泣く

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

夕凪や町に漂う波の黙

作者名 せんだん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨上がり広げたままの日傘かな』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ