俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕焼けを美しくの想い昭和かな

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

リタイアし80歳が目の前、夕焼けをまじまじと見た幼少の日々を想いおこしました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕焼けを美しくの想い昭和かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

駒川義輝さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。夕焼けを見て、子供の頃を思い出すというのはありますよね。
子供の頃は、夕焼けって、遊びはもう終わりにして、みんなおうちに帰ろうねという合図のようなものでしたよね。
それが中学高校となると授業や部活の終わりとなり、社会に出てしまったら最後、夕焼けを意識するような余裕も無くなってしまい、仕事を終えて外に出たらもうすっかり暗くなっているという毎日。
いま、あらためて夕焼けを見て感動なさっているお気持ちが伝わってきます。

ただ、このままですと若干の違和感が。
それは、「夕焼けを美しく」という標語というか、スローガンのように読めてしまう点と、そのために下五の「昭和かな」へのつながりがちょっと弱いように思える点です。

少し言い換えてみまして、

・美しき夕焼に想ふ昭和かな

こんな感じもあるかなと思いましたがいかがでしょうか。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「夕焼けを美しくの想い昭和かな」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

駒川さんお疲れ様です。80歳目前のお爺様が投稿してくださってることにまず驚きです。たーとるQは孫ですね(?)

御句ですが、もういっそストレートに夕焼けの美しさを言い切るやり方というのもあるのではないかと思いまして……

・夕焼けが美しかつた昭和かな

点数: 0

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

残る虫残されて鳴く母の墓

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

五月雨は母の涙か親掛り

作者名 白南風 回答数 : 1

投稿日時:

蹴ることを覚えし幼な落葉蹴る

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕焼けを美しくの想い昭和かな』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ