俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨晴やサインに三度首振って

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題「梅雨晴」
3句目の野球の句。
「サインに首振って」でピッチャーだということと、「首を振る」ではなく「首振って」としたことで勝負の一球を心に決めたということが伝わるかどうかが個人的に気になったポイントです。
そもそも俳句の出来として、良いのか悪いのかもわからないド素人ですので、上記以外のことで問題点があれば、そこらへんもご教示いただければうれしいです。

最新の添削

「梅雨晴やサインに三度首振って」の批評

回答者 なおじい

つちやさん、こんにちは。
御句拝読しました。サインに首を振るで、野球の句だとわかり、三度首「振って」としているので、四度目のサインにはうなづいて投げたのだとわかりますね。

私はいい句だと思います。ただ、お題だからだと思いますが、梅雨晴れとどうつながるかはわかりません。つながらなくてもいいのかな…。つながると因果関係になってしまうし、難しいですねー?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅雨晴やサインに三度首振って」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

特に問題ないと思いますが、「梅雨晴れ」というのは梅雨の間の「晴れ・晴天」なので、ちょっとだけ雨が止んで陽が射した、というわけではありません。
その長い時間と、「サインに三度首振って」というわずか一球を投げる時間のギャップは少し感じました。
でも大きな問題ではないです。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨晴やサインに三度首振って」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。とてもいい句だと思います。
ピッチャーであること、振ってでその後決断してふりかぶっていくシーンだということも意図通り読めました。あとは、梅雨晴でどのような感慨を伝えようとしているかというところです。なんだかほっとしたような感慨として私は受け取ってしまうのですが、もっと緊迫したシーンなのでは?と思ったりして、季語の斡旋には少し悩みます。兼題なのでなんともですけど。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋桜やフォークダンスのあの子の手

作者名 たけたけ 回答数 : 1

投稿日時:

珈琲の触れる二人に冬尽きる

作者名 吉田一音 回答数 : 5

投稿日時:

秋刀魚皿並べて嬉し色違い

作者名 ひろみな 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨晴やサインに三度首振って』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ