俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

くちなはの腹夕映えにぬめりけり

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蛇の腹は蛇が木登りするときによく見えます

最新の添削

「くちなはの腹夕映えにぬめりけり」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。くちなはの腹がぬめっていた、夕映えでひかりなおさらぬめっていたという発見の句ですね。なかなか描写に迫った句だと思います!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「くちなはの腹夕映えにぬめりけり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「夕映えにぬめる」という語順の是非ですね。
素直な語順にするなら「夕映えに(の、を)くちなはの腹ぬめりけり」ですが、掲句も悪いわけではないですね・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「くちなはの腹夕映えにぬめりけり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

句材がとてもいいと思いました。
「ぬめりけり」の着地も夕映に(よって)さらにぬめりを増しているような様子を伝えたい意図もよくわかります。

句またがりの型にすべきか、木登りを言わなくて良いか(普通は地面を這うのをイメージする)が少し悩ましい。前者はイサクさん提案で解決で、調べは整います。
後者を入れるには、「ぬめり」を諦めて読者に託すしかなさそう。

このあたりの良し悪しは断定できませんが、後者を解決するならという提案

夕映や庭木を上る蛇の腹
映像は明確になりますが、「ぬめり」の強調はできてないです。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

密会のホテルのネオン雪女郎

作者名 腹井壮 回答数 : 8

投稿日時:

真炎天散髪屋から坊主出る

作者名 胡 秋興 回答数 : 0

投稿日時:

重力を従へ生きむ立葵

作者名 ののか 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『くちなはの腹夕映えにぬめりけり』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ