俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

戦争は愚なりトマトは真つ赤なり

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

著名な俳人が、入門書や解説動画の中で「一物仕立てより取り合わせの方が作句の難易度が低い」と言っているのですが、「取り合わせ」で壁になるのが「即きすぎ/離れすぎ」。
「トマト」題で取り合わせの句を作ってみました。これは即いているのでしょうか、離れているのでしょうか。

「戦争」と「トマト」は無関係な事物ではありますが、「戦争→(血 or 火)→真っ赤→トマト」の連想は容易に出来そうです。

最新の添削

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 卓鐘

パズルコメントありがとうございました。いろいろコメントいただいたので、私なりの見解を述べます。

まず大前提として、俳句は文学作品・芸術作品であるため絶対の基準なんてどこにもありません。なので究極、作者が俳句と主張すればそれでいいわけです。
ただ、俳壇で評価されるか否かというと別問題です。どんなものが評価されるかは、選者によっても、時代によっても全然違うでしょうし、有力な俳人が新しい道を作るなんてこともしばしばあるでしょう。その上で。

1)口語俳句について
季重なりに昔は寛容だった。。。いえいえそんなことはないはずです。そして現在も季重なりはダメとは誰も言っていないかと。(不用意に、下手に使うのは)ダメであって(どうせ初心者は使いこなせないから)やめとけ。ということだと思います。

3)何を俳句と呼ぶべきか
これは人によって分かれるところで、それでいいと思います。いろんな考え方があります。特に、川柳と俳句の違いなんかはかなりグラデーションがあります。(俳句でもり川柳でもあるなんてことももちろんある。)そして、解釈も時代によって変わっていくでしょう。芭蕉の時代からいろいろと議論はあるようです。芭蕉なんか名所が読み込まれれば、無季でも構わないという話もあったそうですし。
「切れ」「17音」「季語」俳句の約束であって絶体ではない。という考えです。
私は、詩と作者独自の発見があるか。これを基準に考えています。(そしれその基準は恣意的なものです。芸術なんてそもそも恣意的なものです。)
「戦争が廊下の奥に立つてゐた」これは誰もが認める名句ですね。俳壇で多くの人が認めるなら、それは間違いなく俳句でしょう。言葉の定義なんてものは、多くの人による共通認識そのものなので。
「戦争は女の顔をしていない」が俳句として提出されていたのならば、十分俳句として認められる可能性はあったでしょうから。なぜなら、詩の分量が圧倒的だから。
川柳も俳句か。これは、滑稽・風刺などが詩情を大きくうわまるようであれば、俳句として提出されても、それは川柳だねという評価となるでしょう。逆に川柳として提出してもそれは俳句だねという評価になることもあるでしょう。
標語は、これも俳句として提出されたら、詩の分量より、教訓や何かの要求のような意図しか前面に出てないならば標語だねという評価になるでしょう。
「一二三四五六七八九十十一十二十三十四」には、この不思議に繋がる漢数字の字面に詩情は感じますが、どこまで理解され受け止められない可能性はあるでしょう。「一二三四五六七八九」は詩情が弱く感じます。俳句として認められる可能性は少ないかと。

4)取り合わせの距離
確かに、離れすぎと明確に書かれている評は見たことありません。それには二つ理由があると思います。
・インスピレーションを受けて取り合わせて提出する以上、つきすぎることはあっても離れすぎって早々に起きにくい。特に初心者はそんな大胆なことできない。
・離れすぎは別の言葉で指摘されている
「季語との位置関係がわからない」「屋外の季語と室内の取り合わせは状況がわからない」などなど

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

※卓鐘さんへ

詳細なご説明、有難うございました。ここは長谷さんのコーナーですが、卓鐘さんの句にお礼を入れると、脈絡がつかなくなるのでここでお礼を言わせていただきます。
長谷さん、どうかご了解ください。

おかげさまで、少しわかってきた気がします。「マンモスの滅んだ理由ソーダ水」これなどは、私からすれば、「なんじゃこりゃ?」です。おっしゃる通り、「マンモスはソーダ水のせいで滅んだというのか?」となおじい怒りそうです(笑)。これを、私なら、「マンモスの滅んだ理由水中花」とかにしそう。それならわかる。「氷漬けになってしまったことを関連づけているんだな、すごい」とかになります。でもそういうことではないんですね…。

あと、私の「トマト丸く赤く」がまるでダメなのも納得しました。ここでトマトを説明して日の丸に関連づけようとすることは、かえっていけないことなのですね。一生懸命考えたけど(泣)。

いずれにしても有難うございました。ちょっと見えてきました。さらに勉強して、私も取り合わせに挑戦します!よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

戦争は愚かだトマトは真つ赤だ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

取り合わせ難しいですよね。一物は、下手すると季語の説明に終わってしまう、誰でも思いつく描写になってしまう、共通認識である季語を改めて独自の言葉による切り取りをしなくてはならないところに難しさがあります。取り合わせの方は、発見した情景に季語を探すだけでいいのでわりかしやりやすい(ただ、季語から始めるとつきやすくなるので難しいです。)
でも、距離感は基本であり奥義なので、難しいのは変わりないですね。。

トマトと戦争の距離感はいい感じだと思います。御句、いい句だと思います。僕なら音数の問題もあり、口語を選ぶなという提案句。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
勉強させていただいています!

御句、拝読しました。
良い句ですね。戦争とトマトの取り合わせ。
中七はこれは「ぐなり」と読んで17音になるのですね。それなら、「おろか・まつか」のリズムの卓鐘さんの口語パターンに賛成です。
また、コメント、真つ赤と戦争の距離感を懸念される部分もあるということで、言葉変わっちゃいましたが、

戦争は浅はかトマトは燦やか

真つ赤としないパターンも考えてみましたが、これは△かなあ。卓鐘さんに一票です(*^^)vいずれにしろとても佳句ですね!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

取り合わせは問題ないと思います。「赤色」で付くという感じもしませんね。

卓鐘様がこの話題に触れなかったのが少し意外ですが、「戦争は愚なり」この部分の出し方が気になる方は気になるかも。
「説教臭さ」「道徳・倫理」を持ち込むと詩が・・・という心配はあります。

とはいえ自由な俳句という精神からは問題ないですし、言い切りの形は気持ちいいです。
言い切りをリフレインする形としては、私は元句の方、文語&歴史的仮名遣いの方が口語よりも好みです。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

あ、言うの忘れてましたね。確かに道徳感や主観を持ち込んでないか?と一瞬思いましたが、句全体として戦争に対してどうこうを語ってなく「戦争は愚かである」は主観ではなく事実として捉えていいんじゃないかと感じました。
なので本句は事実の淡々と述べた句(厳密には違うけど)と同等に解釈をし気になりませんでした。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。長谷機械児様、いつもお世話になってます。

御句、取り合わせをしてみたとのことで、各位のコメントも好評のようですが、私にはどうもわかりません。例えば誰かが、御句を読んで、「戦争が良くないのはわかるけど、それとトマトが真っ赤なのはどういう関係があるの?」と尋ねてこられたら、どのようにお答えになるのでしょうか?
これは喧嘩を売っているつもりなどは毛頭なく、純粋に、「取り合わせ」というものを私が理解できていないので、恥ずかしながらお尋ねする次第です。

私は未熟なせいか、どうしても二つのものを関係つけようと考えます。
そこで提案句
 戦争は愚なりトマトは丸く赤く
丸く赤いトマトから日の丸を思い出し、そう言えば八月、戦争は良くないなと。こういうことであれば理解できるのですが、御句もそういうことでしょうか?

勉強が足りずに申し訳ありません。本は読んでいるのですが、このようなことは常識なのか、わかるように書いてある本に巡り会っておりません。どうかよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

>なおじいさんへ

なおじいさんの葛藤はよくわかります。俳句独特のルールというか読み方なので、取り合わせについて、私が偉そうに語るより、プレバト での夏井先生の参考にいくつか。

「マンモスの滅んだ理由ソーダ水」ふじもんさん
ソーダ水によってマンモスが滅んだ、って意味?って言った人がいました。でもこれは違います。「マンモスの滅んだ理由」について思いに更けている人がいる。そこにソーダ水があります。ただそれだけです。ただ、それだけだけど、ソーダ水という季語によって、それが恐竜展にでもいった小学生の夏休みなのかな?などの想像が膨らむ。これが、「炎天下」「星月夜」だとまるで印象が違う。(前者なら、考古学者の実地調査か、後者なら割と物思いにふけるタイプの鑑賞か。別にどちらにしてもいい句です。)

「玉葱やその人結局 死んじゃうの」東国原さん
これも、玉葱があります。「その人結局 死んじゃうの」というセリフがあります。ドラマを見てた奥さんのこのセリフにびっくりした時の句らしいですが、句としてはただこれだけです。「その人結局 死んじゃうの」のセリフの裏に、玉ねぎを切るときの包丁のイメージ、死というものに無関心な玉ねぎが沁みる涙みたいなものが連想されます。そのイメージが、この死に無関心な無機質なセリフとよく似合っている。

で、本句です。
「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」
戦争は愚かだと思う。目の前には真っ赤なトマトがある。ただそれだけです。でも戦争と取り合わせることによって、トマトの赤がより鮮烈赤くなります。トマトの中身のグチョグチョの身が詰まっている生命感、生命感溢れる赤だけれども、そのもろさ。そのようなトマトの印象が明確に伝わってくる気がしないでしょうか。これが戦地にいてトマトを食べている人の視点だと思っても良いです。いずれにしても、季語トマトの生命力が、戦争という無残な暗い死のイメージとの対比によってありありと描かれていると思います。
「トマトは丸く赤い」これは、すみません。全然ダメだと思います。丸くて赤いというトマトの説明です。そして日本国旗をイメージさせたいという連想を限定する意図が丸見えの句になります。なり、なり、という韻文としてのリズムも損ないます。
トマトが丸くて赤いのはそりゃそうだです。それこそだから?となります。
「トマトは真つ赤なり」これは説明ではありません。印象的な赤いトマトが目の前にあるのです。より真っ赤なトマトを見て戦争思う作者の心情、どんな戦争を思っているのか、どんな人なのか、物語を読み手は想像を始めると思います。

僭越ながら、私なりのこの句の鑑賞でした。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

>なおじいさんへ Part2

しつこくてすみません。
取り合わせの句については、割とハードボイルド映画(セリフによる説明はあまりなく、簡素な映像描写で成立している映画)をイメージしてみるといいかもしれません。

何かしらの愚かな戦争の風景イメージ。その風景が段々薄れていき、変わりに例えば食卓に一つ置いてあるトマトがオーバーラップで出てくる。段々、トマトの赤が鮮明になっていき、そこにズームアップしていく。そしてトマトに手を伸ばして食べる主人公。

そんな映画のワンシーンを想像してみると何か感じることがあるかもしれません、

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「戦争は愚なりトマトは真つ赤なり」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

戦争と赤いトマトは、とても響くので、良い取り合わせと思います。
ただこの句は取り合わせというより、対句表現と私には思えました。そう考えると、
句意は、戦争は愚かなのは当然だ、トマトが赤いのは当然だと読めます。
どなたも指摘していないので誤読かもしれませんが。
なお、対句表現が悪いといっているわけでありません。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬凪の小磯の小貝突つかるる

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

閉館を知らせる曲や蝉しぐれ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

衿元のボタン緩める梅二月

作者名 中村あつこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『戦争は愚なりトマトは真つ赤なり』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ