俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏空に泡が沸き立つ棚田なり

作者 桔梗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初回の句に対し、皆さま的確なコメントをくださり、ありがとうございました。

いただいたコメントを踏まえ、新たに句を投稿いたします。

照りつける生き生きとした夏の空の下、棚田の稲が、泡を沸き立たせんばかりに成長する姿を描きました。

最新の添削

「夏空に泡が沸き立つ棚田なり」の批評

回答者 なおじい

桔梗さん、こんにちは。
御句拝読しました。
ちょっと私には、棚田すなわち田んぼの稲が泡を沸き立たせんばかりに成長するという意味がどうしてもわかりませんでした。
ですので、勝手に意味を置き換えさせていただきました。泡が沸き立つということがヒントです。

・夏空や棚田沸騰する如く

悪くないと思いましたが、まるで成長のイメージがない。
「泡立つ」が成長とつながらない以上、どう頑張ってもダメとは思いますが、もう一つを。

・夏空に泡立つほどの棚田かな

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏空に泡が沸き立つ棚田なり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「泡が沸き立つ」が稲の成長のことだとはわかりませんでしたが、これはこれで「棚田」の全体を表現する句として良い句になっていると思います。

この句ならば、切れ字の「かな」の方が良いかもしれませんね。
他に細かいところで、散文になっている助詞「が」の回避と、
「沸く」では沸騰の意味なので・・・

・夏空に泡の湧き立つ棚田かな

例えばこれでいかがでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨の底光放てる深海魚

作者名 みそまめ 回答数 : 5

投稿日時:

ファミチキで唾液の腺が痛い秋

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

母の背に弟半纏せわしなく

作者名 やす 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏空に泡が沸き立つ棚田なり』 作者: 桔梗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ