俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕立に心ごしごし洗いけり

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いろいろとシミができてしまった心は、たまに洗いたいものです

最新の添削

「夕立に心ごしごし洗いけり」の批評

回答者 なおじい

さつきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
先にたーとるQさんがおっしゃっているように、「けり」には私も違和感がないではないのですが、それはちょっと置いておいて、私は「ごしごし」について。

御句ではこの「ごしごし」がキーになっていると思いますので迂闊なことは申し上げられないのですが、「ごしごし」ですと「夕立」が生きないような。
私は「ざぶざぶ」とか「ざぶりと」などどうかなと。シャワーの感覚で。
「ごしごし」であれば、「夏の川」とかだといいかなと。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕立に心ごしごし洗いけり」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

さつきさんお疲れ様です。御句は、「けり」で終わるのは違う気が……どっしりと置くより夕立の臨場感を出したいところです。
・夕立に心の染みを洗いたし
・夕立にごしごし洗ふ我が心

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ほろ酔いや焼き秋刀魚の肝噛みしめる

作者名 幸福来々 回答数 : 12

投稿日時:

いにしえの月見やぐらの花見かな

作者名 佐渡 回答数 : 6

投稿日時:

六つ花や落ちてしみ入るアスファルト

作者名 水谷 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕立に心ごしごし洗いけり』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ